2015.12.06

2年ぶりのルミナリエ

 金曜日に予約しておいたオイル交換は土曜日の16時から。
午前中に洗車をして,吉本新喜劇を観終わってから家を出たので芦屋の工場には30分くらい早めに着いた。
しかし待つことなく作業にかかってもらうことができたようだ。
30分少々で作業が完了。そのあとは西宮のショールームへ移動してセールスマンとカメラ談義などをして外が暗くなってから三ノ宮に向けて出発した。

 昨日は土曜日で暖かかったこともあってか,ルミナリエを観る人の列はとても長い。
列に並ぶのは諦めて,遠くから撮影することにした。
順路から外れたところは普通に通行できるので,大丸のちょっと東から望遠で狙う。
40-150mmのズームレンズに1.4倍のテレコンバータを付けて,35mm換算の焦点距離は420mmとなる。
過剰かとも思えた装備だが,遠距離だと綺麗に写したい範囲を切り取れる。テレコンバータ持ってきて良かった。
順路ではないところでも警備員が写真を撮らないようにと叫んでいる。仕事とはいえ,状況を判断して言ってもらいたいところだが。

 ルミナリエの回廊がある道路の一本南の通りを東へ進み,終点の東遊園地へ来た。
ここは出入り自由らしい。
公園のある階段を上って東遊園地へ入る。ここでは,焦点距離12mmズームでは画角が足らないのでフィッシュアイを付けたPENを使う。
 撮影後の確認画面で何となく暗いと感じていたら,どうやらモードダイヤルが動いてシャッタースピード優先モードになっていたようで,絞りが手動のレンズなのでマニュアルみたいな状態になっていた。気がついたのは撮影が終わって家に帰ってきてから。
それでも,何とか救済できるくらいの光は入ってきていた。

 ウィークデーの人の少ない時にもう一度行ってみたいな。

Sspc050131


| | Comments (0)

2015.08.14

フラットバーのロードを

 自転車を新しくしようと思い立ったのは5月頃にTREKのホームページでEMONDA ALRのフレームセットが販売されていることを知ったから。
最初の計画はフレームセットを買って今使っている1200FBのパーツで使えるものを移植して,1200FBのフレームは廃棄というものだった。

 今週になってから考えが変わって,完成車を買ってドロップハンドルからフラットバーハンドルに変更して,1200FBはそのまま残すことにした。
EMONDA ALRになるとスタントが付かないので実用性が大幅に低下する。駅まで乗っていったりスーパーマーケットへ買い物に行くという用途を考えると不便になるなぁと思うようになってきたからだ。
実用車的な使い方をするためにスタント付きの1200FBを残すことにした。

487981_232691020184901_1641523666_n

 フレームセットと完成車の価格差も小さいので,それほど懐にも影響はない。
置き場所が確保できるかという別の問題が発生するのだが,こちらはなんとかなるだろう。

 フラットバーにするためには,ハンドルバーとシフターそれにブレーキレバーを買い足すだけでいい。しかし,最近の自転車はなぜかコンパクトドライブのクランクとワイドレシオのカセットスプロケットが付いてくるので,クランクも買い足す必要があった。
これはフラットバーとは関係ないことだが,インナー39のクランクのパーツが手に入りにくいのだ。
現行の10speedはTIARGAのみ。TIAGRAのクランクは52-36になってしまうから候補から外れる。そうなると5700シリーズ105くらいしか残ってこない。
希望していた5700シリーズ105の52-39のクランクがメーカ在庫ありということで,これを取り寄せて組み付けることにした。
カセットスプロケットは1200FBから移すことになった。ペダルも1200FBで使っているやつを移して1200FBはフラットペダルにする。

 あとは自転車とパーツが揃うのを待つのみ。月末には乗れるようになるだろう。

本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:2031km
走行時間:0時間49分
平均速度:24.7km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.06.19

車内を模様替え

 梅雨入りの発表から二週間ほど経ってようやく梅雨らしい天気になってきた。
今日も朝から弱い雨が降ったりやんだりして,すっきりと晴れてきたのは夕方前になってからだった。

 ABARTHが手元に来る前からフロアマットは交換しようと考えていたのだが,アクションが遅れて実際に動き出したのは5月末になってからだった。
数回のメールのやり取りと型紙の作成を経て,金額の確認ののち発注・支払いという流れを経てマットが発送されたのは,6月16日になった。

S_3p6170673_2


 17日には配送されていたのだが平日はなかなか時間が取れず,自分で型を取った後席用のマットがフィットすることを確認しただけだった。
で,今日は仕事が休みになったので,雨が小やみになった時を見計らってフロアマットを交換した。

 前席用は既製品の組み合わせなので当然ながらジャストフット。
後席用も見事に自分の思い描いていたイメージ通りで,シート下のわずかな隙間からちらりと赤黒の麻のマットが見える。

S_6p6190903_2

以前はこんな感じ
S_1p4260667


 黒と茶色のインテリアに赤が入って一気に華やかになった。

オリジナル
S_1p4050579

交換後
S_1p6190895


S_2p6190888_2


S_4p6190892_2


S_5p6190901_2_2


13年乗ってるAlfa Romeoはこんな感じ
S_p6060644_2

| | Comments (0)

2015.06.07

ABARTHのフロアマット

 ABARTH導入から2ヶ月,懸案事項の一つノーマルモードのかったるさは対策が済んで残すはフロアマット。
車を買うと決めた時からフロアマットを交換することは決めていたのだが,なかなか行動に移せていなかった。

 重い腰を上げてKAROのホームページでいろいろ調べ始めたのだが,適合表を見ても,595 LHD M/T用の品番がなかったのでホームページのメールフォームに質問事項を書いて送ってみた。
回答はすぐに返ってきた。
早い話が595 LHD M/T用は実績なしということで,500のLHD M/T用が合うかどうかもわからないという返事。

 型紙を作ってオーダーすることもできるので,ホームページのオーダーフォームを使って申し込んでみた。
最初の問い合わせの内容が反映されて,500のLHD M/T用と695 Tribut Ferarri 用の型紙と型どり用のクラフト紙が送られてきた。
ドライヴァー側は500のLHD M/T用でも問題はなし。しかし,695 Tribut Ferarri 用の方がマットの面積が大きいので695用を選んだ。

S_p6060629
695の型紙の上に500の型紙を重ねておいた図


S_p6060636
500の型紙だけの図


パッセンジャー側は695はフットレストがある分面積が大きかったので,500のLHD M/T用を指定。

 リアは標準でもよかったのだけれど,せっかく型紙でオーダーできるので前後方向に14㎝ほど伸ばした型紙を作った。

S_p6060638
標準はこれくらい

S_p6060639
ここまで延ばす

S_p6060641
横から見るとこうなる


 型紙が入っていた箱に再び型紙を収めて送付用の伝票を貼って,コンビニエンスストアで発送。
型紙の到着が金曜日だったので,最短で確認作業ができた。
あとは最終確認と入金か。

| | Comments (0)

2015.05.09

ThinkPadに取って代わったnotebook

 ディスプレイへの出力が途切れ途切れになったネットブックの後継としてHPのPavilion dm1 4200を買ったのは2年少々前。
主な用途はウエブブラウズとradikoくらいでヘビーなことは全くしていない。

 OSを入れ替えたり,ストレージをSSDに換えて使い続けていて,まだもうしばらくは現役でいられそうだ。
プロセッサがAMD E-1 1200という非力なものなので,できることは限られてくるものの,最近はコンピュータを使っても時間がかかる処理などは写真関係を除けばほとんどなくなっているので普段使う分にはストレスを感じない。
もっとCPUパワーがあればと思うことはWindows Updateの処理とディスククリーンアップくらいか。

 購入時の価格は送料込みで\33,000ほど。
増設したメモリや換装したSSDを含めても\50,000には届いていないはずで,2年使ってほとんど元は取れていると思う。

 私にとっては2台目のHP製のノートブックコンピュータで,キーボードの出来は期待以上のもので,タッチパッドの使い勝手も良好だ。
キーボードは浮き石型でキーストロークは短いもののしっかりとしたクリック感があり,サイズが小さいキーはない。
ALTとCtrlキーは左右にあって我慢を強いられることがない。これで英語配列のキーボードが選択できれば言うことはないのだが,HPでは無理なので諦めている。

 Windowsが9を飛び越して10になっても使い続けていると思う。

| | Comments (0)

2015.04.05

ついに

 3月の最終月曜日に無事登録が完了。翌日に車検証をスキャンしたファイルが届き,帰宅してから任意保険の手続き。
自分以外の人の頑張りや調整で金曜日は休めることになった。

 そして金曜日。天気予報では昼前から雨。念のため傘を持って家を出て電車に乗ってディーラーへ向かう。
最寄り駅で軽く食事を済ませてディーラーへ歩いて行く頃には雨は降り始めていた。
駅からディーラーまでは歩いても10分程度だが,傘をささないとかなり濡れるくらいの雨が降っている。

 交差点を曲がり,少し歩くとディーラーの駐車場に車が停まっているのが見えた。
自動ドアを開けてショールームへ入る。
担当のセールスマンが出迎えてくれて,そのまま詳細な車の説明ほかを聞き,当日購入することにしていたイージーケアとキーカバーの代金を支払い,再び駐車場へ出てボディにかかっていたカバーを外してもらってご対面。

これが
S_01p4030520

こうなった
S_02p4030522


 標準のタイヤとホイールは辛うじてトランクに収まっており,当然ながらテールゲートは閉まっている。さらに実車で説明を聞き,最後にサービス工場へいって工場のスタッフと挨拶してから再びディーラーへ戻り,ケーキを受け取って帰路についた。

 平日午後の阪神高速は雨降りのせいもあってか,けっこう渋滞していた。
受け取ってすぐの慣れていない車で渋滞を抜けるのはちょっと辛かった。エンジンのレブリミットは3000rpmほどに自主規制しているので,追い越し車線はなるべく走りたくなかった。
自宅まで走った印象は「ECOモードだと全然走らない。」であった。

 自宅に帰り着き,積んであった荷物を降ろして身軽になった後は,雨が降る中を西へ向かい260kmほど走ってみた。

| | Comments (2)

2015.03.28

乗り替えに向けての課題

 4月になれば新しい車に乗れることになったが,今乗っているGolfVariantをどうするかという課題がある。
ディーラーが提示した下取り価格に納得がいかなかったのだ。

 知人で買ってくれそうな人がいたので話を持ちかけてみたものの,買いたいけど買えないという回答。で,市中の買い取り店へ。
査定を受けてみるとディーラーの下取り価格をだいぶ上回っていたので,気持ちはほぼここへ売却になっていた。
しかし,この値段は今週限りということで早い決断が必要だ。

 GolfVariantを売却してしまうと任意保険を契約している車がなくなる。新しい車の登録まで3週間ほど車なしの状態が続く。
こんな場合はどうすればいい? 加えてちょっと前にこの先1年分の更新手続きを行ったばかりだし。

 迷うことなく保険会社へ電話で尋ねてみた。
次年度の契約はキャンセル可能。車がない期間は「中断」の措置が取れるらしい。
任意保険を契約している車がない期間が生じても問題ないことが分かったので,売却へ。
車に載っているものを全部降ろして,帰りの足の自転車を積み込んで買い取り店へ。
必要な書類を用意して売買契約書にサインして振り込みで代金を受け取ることになった。

20150304_190436

 車を売った後は,任意保険の手続き。
次年度の保険料もすでに保険会社へ支払われていたので,振り込みで返金されることになっている。
送られてきた書類に必要事項を記入して返送し証書が送られてくるのを待つ。

 そして,最後に引き取り日などの最終打ち合わせ。
3月21日にディーラー主催のミーティングがあったので,Alfaで参加してその後にディーラーで打ち合わせ。

S_p3220524

4月1日に休暇を取って取りに行きたいところだが,さすがに年度初日は何かとイベントが多くて休めそうにない。2日か3日の休める日を連絡するということにした。
登録が終われば車検証のコピーを送ってもらうことにして,あとは首を長くして待つだけ。


| | Comments (0)

2015.03.01

それはS1から始まった

久々の更新だが,自転車ネタではない。

アウディS1から始まった車にまつわる物語。

 2014年の11月中旬にWeb CGでアウディにマニュアルトランスミッションモデルが導入されたのを知った。
忘年会の前にアウディのディーラーで実車を見て見積もりを出してもらったが,総額は¥500万オーバーでちょっと現実的じゃないと思った。

 その後もマニュアルトランスミッションの小型車への思いが捨てきれず,正月休みに情報収集をしていて気になったのがFIAT 500ベースのABARTH。
ABARTHのホームページを見てもどのモデルにどの装備が着いているのかがはっきりせず,ディーラーへ行って説明を聞こうと思ったのが1月の初め。

 1月10日に甲子園の隣にあるディーラーを訪ねた。
モデルの違いの説明を受け,2ペダル車だが試乗もした。
ハードだと思っていた乗り心地が実際はかなり良好で,その車重とホイールベースから予想していたのとは大違いで日常の足にしても問題はなさそうだ。
低級音の発生も皆無。

 街でもほとんど見かけないし,超小型のサイズはいろいろと便利そう。だんだんこいつに惹かれていった。
というか,試乗をした段階でほとんど気持ちは決まってしまった。

 ちょっと心配なのは自転車が載るかどうか。
セールスマンの話ではロードレーサーは載るということだったが,後日自分の自転車をGolfに積んで持っていき,リヤシートを倒せばぎりぎりで乗ることを確認。
これで,心配事はなくなった。

 このすぐ先の納車だと156と車検時期が重なるので,夏ごろの納車で話を先に進めた。
595コンペティツィオーネ 黒 LHD 5M/T という仕様に確定。
しかし,待っていると早く欲しくなる。

 ちょっと気になることがあって,2月末日にディーラーを訪ねた時にセールスマンが言った「昨日左の黒が入ってきたんです」という言葉を聞いて,反射的に「それ買います」と答えていた。

 登録は4月に入ってからというと,向こうは3月中に登録したい模様。妥協案として3月末日の登録となった。
細かい付属品を最終決定して請求書ほかをもらったので,あとは書類を送って支払いをするだけとなった。

| | Comments (2)

2014.10.26

魚眼レンズを使ってみる

 今週末もとってもいい天気。
最近疲れが取れずに出掛けようという気分がちょっと下がり気味で,土曜日も昼間は引きこもっていた。

 しかし,夕食後から活動を開始した。
PENとPEN-microの2台とレンズを数本を鞄に入れて三脚も積み込んで車で神戸港へ向かう。
土曜日の宵の口ということもあり,渋滞もなく無事ポートターミナルへ到着した。
駐車場に車を駐めて撮影開始。

 最初はポートターミナル西のデッキから神戸大橋を狙う。
レンズを換えたり反対側のハーバーランドを撮って,橋の下側へ移動。
橋脚の下辺りからポートアイランド側を見ると,車道の橋の東側にポートライナーの細い橋がかかっているのがよくわかった。

 ここで,数日前に手に入れた魚眼レンズを使って見る。
E-P1ではシャッターが開かなかったのでE-PM2にレンズを取り付け,雲台のボディを取り替える。
背面のモニターに映る世界は,これまでに見たことがない映像。
作例は何枚か見たことはあっても自分の目で見えている世界とレンズを通してみる世界とでこれほどの差があるとは体験してみないとわからない。
魚眼レンズでは数カット撮って三脚に据えるボディを変える。

ちょっと移動して数カット撮って,橋の上へ移動。
さらに橋を渡ってポートアイランド側の北公園へ。公園は広いものの,釣りをしている人が多く自由に場所を決められない。
それでも空いている場所に陣取り,神戸大橋とハーバーランドを撮影した。時間が遅くなってきたので再び神戸大橋を渡って駐車場へ戻った。

 ここで問題発生。
駐車料金を払う小銭が足りなさそう。駐車した時間は3時間ほどで,財布の中には三百数十円あるだけ。時間100円ならなんとかなるものの,今時そんな料金設定ではないはず。
どうしたものかと考えると,車の中にわずかながらも小銭が遭ったことを思いだし事なきを得た。

 ものは試しというか,使い途があるか判らない状態で導入した魚眼レンズだが,風景を撮るのには好適なようで遠景ならピント合わせも不要。難点は電気的な接点がないのでExifに絞りの値が残らないくらい。
今後も風景の撮影には持って出るレンズになりそうだ。

E-PM2 + SAMYANG F3.5/7.5mm (撮影後色温度を変更)
S_pa250031

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.10.19

コスモス

 この週末はまさに秋晴れという晴天。
昨日は疲れていて一日中家の中で過ごしたのだが,今日は昨日の分を取り戻すつもりで外へ出掛ける。

 先週の連休が台風の影響で雨降りだったので,見に行けていない志方のコスモスの写真を撮るつもりで撮影機材をメッセッンジャーバッグに詰め,自転車に乗って目的地へ向かう。
峠というほどでもないが,一番高いところが市の境目になっているのでそこまではえっちらおっちらと坂を登り,下りになると寒いのではと思っていたがそれほど寒くはなく快調に坂を下った。

 上がり下がりを何回か繰り返し,権現ダムを経由して山陽自動車道の手前辺りでコスモスのピンク色が目に飛び込んできた。
遠目にはきれいに咲いているように見えた。

 普段は公園の場所が駐車場になっているのでそこに自転車を停めてコスモスの咲いている田んぼへ向かう。近づいてみると先週の台風で倒れているものが多く花も見頃をちょっと過ぎていた。
それでも鞄の中からカメラを取りだし,望遠ズームレンズをセットして何枚か撮影してレンズをワイドズームにチェンジ。
さらに単焦点の望遠レンズに交換。結局,この単焦点の望遠レンズで撮影した枚数が多かった。

S_pa190686

 朝食の量が少なかったので,蕎麦を食べてみることにした。一杯\250だったが,茹でてから時間が経っているせいかちょっと残念な味だった。
ここから志方東公園を横に見て西側へ移動していったが,どこも花が見頃を過ぎていて写真撮影はやめて,目で花を楽しみながら自転車を漕いだ。

本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:38.33km
走行時間:1時間39分
平均速度:23.1km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«PENとのかかわり