« 季節風 | Main | ちょっとだけ足を延ばす »

2005.01.08

通勤用自転車その2

 1200FBはその名の通りフラットバーハンドルのロード車だが,ドロップハンドルの1200とはフレームは別物で,使われているパーツのグレードと塗装以外は共通点はなさそうだ。
ポジションは上体がかなり起き気味で,最初にドロップハンドルの1400に乗っていたのでもう少し上体が下を向くようにと購入後程なくハンドルステムを裏返してハンドルの高さを下げた。

 この状態で乗ってもドロップハンドルの1400ほどスピードは出ない。
ポジションの違いでペダリングの効率が変わっているのか空気抵抗が違うのだと思う。
フロントのチェーンリングが違うので,全く同じギアレシオではないとはいっても,それほどは違わないだろう。
まぁこれは自転車の形が違うためとあきらめよう。
とはいえ,タイヤは700x23Cなので,マウンテンバイクに比べると楽に速く走れると思っている。

 反面パンクのリスクは高いと思うのだが今のところ通勤中にパンクしたことはない。
それでもパンクのリスクはマウンテンバイクのブロックタイヤよりは高いはずなので,予備チューブの携行は欠かせない。

続くかもしれない。


本日の記録
走行時間:0km

|

« 季節風 | Main | ちょっとだけ足を延ばす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/2510115

Listed below are links to weblogs that reference 通勤用自転車その2:

« 季節風 | Main | ちょっとだけ足を延ばす »