« ちょっとだけ足を延ばす | Main | リズムが狂う? »

2005.01.10

魔法の(?)黄色い靴

 昨日自転車屋さんで試着してぴったりだった靴を買いに行く。
靴だけでは使えないので,ペダルも新調する。ペダルはクリートががちがちに固定されずに少し動くというTIMEにした。
午前中に作業を終え,一度家に帰って昼食。昼食後のお茶を飲んでから走りに出掛けた。

 昨日は西方面へ行ったので,今日は東にしよう。ということで神戸市北区のつくはら湖を目指す。
行きは追い風なのですいすいである。そのぶん帰りは向かい風で辛いだろうと思いながらも高めのギヤを踏んでけっこうなスピードでとばす。
ペダルはまだなれていないので,なかなかクリートがペダルに噛み込んでくれない。
これまで付いていたSPDペダルに比べると的が小さい感じ。的に合うと踏み込んだときに「カチッ」と小気味よい音がして噛み込むが、的をはずすとなかなか噛み込んでくれない。
ロード用のシューズはトルクをかけるときに足の裏への負担が少なく疲れにくそうな感じ。

 つくはら湖までは追い風ということもあってほぼノンストップで着いた。パーキングには門松が置いてあってちょっとびっくり。ここではちょっと水を飲んですぐに走り出す。
前回来たときは同じ道を引き返したのだが,今回は帰りは違ったルートを走ってみようと思い,さらに東へ向かう。有馬街道を通って神戸の町へ出ようかとも考えたが,そこまで行くと日が沈むまでに帰ってこれそうにないので,少し手前に「明石」という看板があったので右に折れる。
少し進むと上り坂だ!がんがん登る元気は残っておらずゆっくりと登る。
奥が見えないコーナーを過ぎてもまだ登っている...永遠に上り坂という訳ではないだろうからゆっくりゆっくり登る。
峠の頂上を過ぎるとけっこうな勾配の下りだ。フロントのギヤをアウターに変えて涙を流しながら坂を下る。
西区ののどかな中を通る県道52号を明石目指して走る。向かい風のはずだが,それほど辛く感じない。しかし,なかなか明石に着かない。
左に明石城の堀が見えて見覚えのある景色が広がってきた。明石駅の近くまで帰ってきた。
後はR2を西へ走るだけだ。

 明石を過ぎた辺りで,かなりの空腹を感じマクドナルドでハンバーガーとコーヒーを食べて一休み。この後からなかなかクリートがペダルに噛み込まず苦労しながら走ることになる。風は完全な向かい風ではなく南からの風のように感じる。
時々風にあおられながらも,完全な向かい風ではないので予想以上のスピードが出た。

 加古川の辺りから太陽が沈み始め辺りが暗くなってくる。
こんなに長く走るつもりはなかったので,灯火類は置いてきた。早く帰らないと。
へろへろになった身体にむち打ち休憩なしで(休憩する場所もなかったが)自宅へたどり着く。
あぁ疲れた。


本日の記録
走行距離:109.55km
走行時間:4時間21分
平均速度:24.8 km/h

|

« ちょっとだけ足を延ばす | Main | リズムが狂う? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/2530184

Listed below are links to weblogs that reference 魔法の(?)黄色い靴:

« ちょっとだけ足を延ばす | Main | リズムが狂う? »