« 泥よけ制作 | Main | ちょっと疲れ気味か »

2005.02.27

讃岐うどんツアー

 今日は四国まで足を延ばして讃岐うどん三昧してきた。
メンバーは156GTAのオーナーつながり。今回は距離も長いし駐車場のない製麺所巡りも予定されているため,GTAを連ねてという訳にはいかず,ワゴン車1台での四国上陸となった。
待ち合わせは大阪ヒルトンホテル前。待ち合わせ時間に遅れないようにするには,通常の自動車通勤よりも少し早く出なければならなかったが,そこは大好きなうどんのためなら早起きできる。

 ヒルトンホテル前で合流し,一路四国へ。自分で運転せずに座っていただけなので,思いの外早く着いた。
1件目は今回車を運転していただいたY氏のお薦めである「池上」。10時過ぎだが店の前には何人かの人たちがうどんをすすっている。Y氏の先導で入り口に並び各自うどんを受け取る。私は一番シンプルなかけを選択。\70也。ん~,安すぎ。
お味の方はさすが評判の店だけのことはあります。麺のつやと腰は最高。
思わず生麺を注文してきました

 2件目は高松市内の製麺所を目指す。Y氏の車に装備したナビゲーションシステムの道案内で迷うことなく到着。カーナビ様々である。
ここでもかけを食する。ここは完全に製麺所,待合室みたいな感じのテーブルでずるずる。

 3件目は少し離れた「小縣家」へ向かう。
ここでは予定通り醤油うどんを注文。大根を客がおろすのは聞いていたとおりだ。
ちょっと甘みのある醤油と大根おろし,ごま,ショウガ,七味の織りなすコンビネーションは今まで食べたことのない味だった。

 全店で小を注文したが,3杯食べると私以外のメンバーはちょっと苦しそう。
小縣家からすぐの満濃池でちょっとだけ散策し,ニュージーランド村を目指すが看板を見逃したせいか行きすぎてしまった。しかし適当に走っていると看板発見。無事到着し,入園する。ここではけっこう歩いた。

 15時をまわったので次なる目的地,「山内」へ向かう。
例によってカーナビに道案内を頼んだら,おや,さっき走った道だ。
土讃線の線路を渡って少し進むと,手打ちうどんの看板。
坂を登ると製麺所があった。
中へ入ると我々以外の客は少なく(そりゃ16時前だからなぁ)落ち着いて食べることができた。そろそろうどんツアーも佳境を迎えているので,私はここでは大を注文。
ここ「山内」は製麺所だが,注文するとどんぶりに入ったうどんが出てくる。ビギナーにも安心な製麺所だった。

 腹一杯やけど,5件目行くで~。
次に目指したのは,四国出身のKちゃんご推薦の「おか泉」。しかし,移動中に見つけた『「山下」を通過』,というメールをKちゃんがおばさんに送信してすぐに帰ってきた返事は「引き返せ」の一言。
それを聞いたドライバーY氏Uターン。
すぐにお店に着いた。

 たぶんここで最後になるだろうということで,天ぷらぶっかけを頼んだ。
注文してから少し待つと,揚げたての天ぷらが乗ったうどんが運ばれてきた。
天ぷらは揚げたてだ。これにツユをかけてズルズル。
これも天ぷらの衣とツユが混ざってええ感じである。

 結局「おか泉」には行かず全5件をハシゴした。
準備不足で効率的な移動の計画が立てられなかったにもかかわらず,住所だけを頼りにしてあとから思えば効率的な移動となった。

 初めて食べた本場の讃岐うどんに感動し,機会があればも一度行きたいと思っている。
今回のツアーでドライバーを務めていただいたY氏に感謝する。

本日の記録
走行距離:0km

|

« 泥よけ制作 | Main | ちょっと疲れ気味か »

Comments

こんばんは。
知らん間にコソッとブログはじめてはったやなんて、知りませんでした。

日曜はお疲れでした。
次の日、朝起きたら右足むくんでました(笑)。
結局、昼までおなか空きませんでした。

それではまた。

Posted by: Y氏 | 2005.03.01 at 05:25

運転お疲れ様でした。
このblogのアドレスは、某会員制BBSに一回だけ書いたんですけど、車のことはほとんど書いてないので、それ以降書いてません。

 今日帰ってみると池上のうどんが届いてました。
しかし、すでに半分ありません。

Posted by: 瀬戸内穴子 | 2005.03.01 at 22:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/3102277

Listed below are links to weblogs that reference 讃岐うどんツアー:

« 泥よけ制作 | Main | ちょっと疲れ気味か »