« ゴルフワゴンがやってきた | Main | 連休のはざま »

2005.05.01

春の中山エンデューロ参加

 今日は中山サーキットで行われる3/5時間エンデューロの日。朝4時前に起きて支度をして,4時半頃に家を出た。

 集合場所に時間よりも早めに到着。
まだ雨は降っていないが,山の上は白く煙っていかにも降ってそう。
そうこうしているうちにメンバーが集まってくる。ほぼ定刻に集合場所をスタートし,中山サーキットへ向かう。中山サーキット着はほぼ予定通りでゲートオープンの直前。

 駐車場に車を停めて荷物と自転車をピットへ移動し準備が始まる。
準備がほぼ終わったところで,おにぎりを食べて試走に出掛けた。
噂には聞いていたが,きつい登り坂だ。あれ,スピードメーターの表示が出ていない。
ピックアップの位置がずれているようだ。ピットに戻って位置を調節して,どれくらいのスピードで走っているのかを確認するためにもう1周走る。ストレートは下っているが,距離が長くないのでスピードは乗らない。
試走中に雨が降り始め風も強くなってきた。

 9時ちょっと前にコースイン。スタート直前になって計測チップの動作確認がまだの人が居るということでスタート延期。延期が決まるまで15分くらいスタート位置で待たされた。9時20分ちょっと前に再びコースインし9時25分にスタート。

 最初は元気だったので,急坂も何とか登れていた。しかし,4周目くらいからは頂上の手前では停まるようなスピードになってしまう。
最終コーナーを抜けたコントロールタワー前の坂はそれほど苦にならずいい調子で登れる。
スタートの頃も雨は降っていたが小降りだった。コースの中の水たまりも小さいのがところどころにある程度でよけて走っていたのだが,スタート後何分目くらいからだろうか,雨が本降りになってきて全身ずぶぬれ。
コース上にも川ができてコーナーで何度かタイヤが滑った。下りのストレートでは雨の粒が目の周囲に当たって痛い。

 本降りの雨の中,2時間目くらいまでは急坂で停まりそうになる以外は,何とかまともに走れていたのだが,残りあと1時間を切った辺りからはコントロールタワー前の坂でも,ペダルが重たく軽いギヤを選ばないと登れなくなってきた。
急坂ではダンシングをすると太股がつりそうになる。寒霞渓の時と同じ苦しさ。
それまでは,登りで抜かれて最終コーナーでちょっとだけ挽回というパターンだったが,最後の方になると下りはあまりペダルを踏まずに脚を回すだけになり,登りは停まらないようにとがんばった。

2時間10分を過ぎた頃に一度ピットインし,おにぎりを一つ食べた。
あとは完走目指してゆっくりでも走るのみ。

 ピットクローズのアナウンスがあった。あと2周くらいで3時間だ。
この頃は下りでも太股がつりそうになっていたので,早く3時間にならないかと願っていた。
3時間経過でオフィシャルの案内でピットロードへ入る。
「やっと終わった。」これが感想。
雨の降る中機材を撤収し,駐車場で解散。やっぱり課題は登り坂。

本日の記録
走行距離:71.86km
走行時間:3時間03分
平均速度:23.9km/h

|

« ゴルフワゴンがやってきた | Main | 連休のはざま »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/3937831

Listed below are links to weblogs that reference 春の中山エンデューロ参加:

« ゴルフワゴンがやってきた | Main | 連休のはざま »