« 少しだけゆっくり | Main | 筋肉痛 »

2005.11.03

播磨テクノラインを走り...

 心配していた天気もなんとか持って,予定していた練習会は晴れて開催の運びとなった。
朝は6時前に起きる予定が,気が付いてみればラジオ体操が始まっていた。
急いで食事をし,支度も簡単に済ませて自転車のチューブに空気を押し込んでスタート。昨日の予定では集合場所まではゆっくりと走り,ウォームアップの予定だったが,遅刻するといけないので通勤並みのペダリングをした。
 集合場所は勤務先から少し西に行ったところなのでルートは同じ。自転車が違うのと,荷物を背負っていないせいで,通勤では考えられないような平均速度で集合場所に着いた。
約束の時間の10分前だったが,すでにmさんは着いていて,食事を終えたところだった。

 集合時間の巣分前に電話が鳴った。本日参加予定のa君からで,「集合時間は9時でしたっけ」と言う言葉を聞いてびっくり。私の「8時!」の返事に「すぐ行きます。」と答えたのでa君の到着を待った。

 a君到着とともにスタートし,R250を相生市の入り口までスプリント。
前半頑張りすぎで,後半は力尽きてしまった。実力もないが集団走行でないので,モチベーションが低いのが原因か。
予定の詰まっているaさんとは相生荘の登り口で別れて,残る二人で播磨テクノラインへ向けてスタート。

 真広交差点で少し休憩した後に,二人同時にスタート。坂の緩いうちも脚を温存すべくそれほどペースは上げずに,最後に待ちかまえる坂にターゲットを合わせる。
坂が急になって,最初のうちはダンシングしながらいい感じで登れていたのだが,登坂車線が現れる辺りからダンシングするのも辛くなってきて,座ったり立ったりを繰り返しやっとの思いでトンネルに入った。
トンネルに入ると,坂は急に緩くなるので,登り坂が終わったように感じるくらいだ。
ここではギアもシフトアップしてスピードが乗ってくる。トンネルを抜けて少し走ると,登り坂が終わり下りになる。フロントアウターでガンガン踏む。ゴールの交差点へ到着。
真広交差点~テクノ中央を27分40秒で登った。

 a君を待つがなかなか来ない。
視界の彼方に黒い粒を発見,a君だ。タイム差10分弱,私がここを登るのは2回目で彼も2回目だが,体重・機材など差が積み重なってタイム差が生まれたのだろう。
特にフラットペダルであの坂を登るのは辛いと思う。頑張れa君。

 練習はここまでで,三日月町へ向けて坂を下る。一瞬だけの気持ちよさ。
三日月町の「味わいの里」の蕎麦屋で昼食。二人揃って,とろろそばとざるをもう一枚頂く。これだけ食べると満足。
昼食を終えて外へ出ると雨が降っていた。自転車を屋根の下へ移動して雨宿りする。
朝に家を出る前に見た気象レーダーでは大きな雲はなかったので,それほど長時間は降らないだろうと思っていたらすぐに雨は上がって日が差してきた。

 帰りはR179を走る。峠がひとつあるものの全体的には下りなので,落ち合う場所を決めてそれぞれのペースで走行。途中から向かい風が強くなってきて,スピードが落ちてしまった。
待ち合わせの道の駅しんぐうでお互いの帰宅ルートを確認すると,すぐに別れることになるようなのでここで解散。

 今日は起伏の多いコースを走ったので,家に帰り着く前から脚はがくがく。
自宅に帰り着くと日頃の睡眠不足もあって,夕方までぐっすり眠った。

本日の記録(Madone1400)
走行距離:103.92km
走行時間:4時間08分
平均速度:25.0km/h

|

« 少しだけゆっくり | Main | 筋肉痛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/6879305

Listed below are links to weblogs that reference 播磨テクノラインを走り...:

« 少しだけゆっくり | Main | 筋肉痛 »