« なつかしのDOS | Main | Windowa Updateの罠 »

2006.01.12

真夜中のニューミュージック

 今日辺りから厳しい冷え込みはややましになるらしい。
今週末は3月くらいの陽気だとか。気温は高くなる反面、天気は雨模様。
今日が今週最後の自転車通勤のチャンスだったが、朝起きた時のコンディションが悪く自動車通勤にした。

 どのようにコンディションが悪かったかというと、非常に眠たかったのだ。
午前2時過ぎに目が覚めて、その時にラジオが鳴っていた。普段ならすぐにスイッチを切って寝るのだが、今日に限って頭がさえていて放送の内容が理解できた。
70年代後半から80年代の日本のポップスを放送していた。

Hi-Fi SET 「中央フィリーウェイ」
荒井由実 「生まれた街で」
はっぴいえんど 「風を集めて」
シュガーベイブ 「ダウンタウン」
南佳孝 「夜間飛行」
サーカス 「夢で逢えたら」
石川セリ 「ときどき私は」
尾崎亜美 「マイピュアレディ」

 ほかにはショーグン、チャーの曲がかかった。ニューミュージックという言葉を聞いたのも久しぶりだった。
私が音楽を熱心に聴いていた頃によく聴いていた曲が多くかかったので、次の曲はなんだろうと思いながら、ついつい聞き入ってしまい3時過ぎまで起きていたので眠たかったのだ。

 目覚ましが鳴ったのが5時過ぎなので、睡眠時間は3+1.5時間くらい。
夕方まで眠たかった。

本日の記録
走行距離:0km

|

« なつかしのDOS | Main | Windowa Updateの罠 »

Comments

そういう選曲でしたら、ほとんどの”おっさん”は目が冴えますわ。私も勿論。

Posted by: ローラーおとこ | 2006.01.13 at 09:00

ローラー師匠さん
 ご賛同ありがとうございます。これらの曲に反応するのは普通の’おっさん’ではないと信じます。

Posted by: 瀬戸内 | 2006.01.13 at 22:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/8132460

Listed below are links to weblogs that reference 真夜中のニューミュージック:

» 石川セリ [クレイジーポーカー 2 Crazy Poker 2]
2005/08/17記 ↑クリックで拡大されます。 石川セリを取り上げます。セリさんについては、私、あまりにも勉強不足ですが、一時嵌っていて、当時は石川セリの歌なしには生きていけないとまで思っていたものでした。そのライトな感覚の海原をすべるような浮世離れ..... [Read More]

Tracked on 2006.02.05 at 20:30

« なつかしのDOS | Main | Windowa Updateの罠 »