« 午後の雷雨 | Main | 向かい風 »

2006.08.23

通勤中のパンク

 今日は水曜日で普通なら自動車通勤の日だが,朝起きた時のコンディションが上々で昨日に自動車通勤したので自転車で通勤。
昨日と一昨日も午後に雷雨があったので,路面が濡れていても大丈夫なように1200FBに乗る。

 朝はそれほど力を入れずに比較的のんびりと走る。前傾姿勢を強くすると1200FBでも少しはスピードがあがるので,乗車姿勢はかなりスピードに影響ありと見た。

 帰りは仕事に集中していたせいか補給を忘れ,熱量不足の状態で帰宅開始。
中間地点の少し手前でリアタイヤの剛性が下がってきた事を察知して停車する。久しぶりに通勤中のパンクだ。
うまい具合に街灯がある場所だったので,街灯の下でパンク修理に取りかかる。
パンクしたチューブを取り出し,空気を入れて穴のあいた場所を特定しにかかったが穴は発見できず。
内圧が低いせいかと更に空気を入れてみるが,穴あき場所を発見できない。

 ここまではタイヤに刺さった異物の場所を特定しやすいように,バルブがリムに刺さった状態でチューブのほぼ全周を取り出して作業していた。
穴のあいた場所がわからないので,リムからバルブを引き抜いて完全にチューブを取り出した状態でチェック。
穴があいていたの,またしてもバルブの付け根で,外傷によるパンクではなかった。

 タイヤに異物がない事が確認できたので即座にチューブを交換。
170回くらいポンピングをしてタイヤの内圧を上げ,ホイールを取り付けて走行再開。
風が強かった事もあって,ペースが落ちそれに伴って発汗量もかなり減って低負荷の走行だった。

本日の記録(1200FB)
走行距離:37.27km
走行時間:1時間34分
平均速度:23.6km/h

|

« 午後の雷雨 | Main | 向かい風 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/11576541

Listed below are links to weblogs that reference 通勤中のパンク:

« 午後の雷雨 | Main | 向かい風 »