« 明日は牡蠣祭りに | Main | 冬がおわる? »

2007.02.04

坂越牡蠣祭りへ

 今朝起きてアメダスで気温を確認してみると,何と6℃を越えているではないか。
昨日の朝とえらい違いだ。冷え込みを予想して,暖房を使っていたのを後悔した。

 7時前に起きだして,食事をして久しぶりにコンタクトレンズを入れた。
装備は5℃を超えているのでウインドブレークジャージではなくウインドブレーカーを着用。ボトムはGパンなので,通勤装備。自転車も通勤用の1400なので出走時間が遅いのと鞄が通勤用でないことを除けば通勤と変わらない。その上,途中までのルートも通勤と同じ。
違うのは,時間が遅いので明るいことか。通勤時刻は真っ暗なので周囲の景色がよく分からなかったが,明るくなってから走ると様子がよく分かる。
R250バイパスの市川にかかる橋も着工していることが確認できた。

 それほど急がずに通勤ルートを西進し,網干大橋を8:20頃に通過。片公園手前でメールチェックするが,コメントやメールはなし。そのまま七曲がりへ進む。
昨日の片づけの疲れか,脚に怠さを感じつつ岩見手前の緩い坂をのろのろと登る。ここまで休憩していないせいもあるかもしれないが,最近感じたことのない疲れようだ。

 何とか七曲がりを走りきり,相生白龍城でちょっとだけ休憩。この時点で,9時を少しまわったところ。
相生産業前でR250を離れて海沿いの道を走る。
R250からの分岐点では牡蠣祭りの関係者が自動車の誘導をしていた。
坂を登り,トンネルを抜け,火力発電所の横を過ぎると坂越はもうすぐ。
坂を下ると,ここでも車両通行止めの係の人がいた。更に警察の車両も。自転車は軽車両だがおとがめなし。海岸沿いを走ると海の駅はすぐそこ。

 海の駅到着は9時40分頃。早くもたくさんの人が会場内にいた。
入り口付近になが~い行列ができていたが,気にせず奥へ進む。駐車場の中でも焼き牡蠣を振る舞っていたので,順番待ちの列に着く。5分と待たずに焼き牡蠣を食べることができた。粒が大きく焼きたてでうまい。
駐車場側の会場を見て回り,くいどうらく近くに売っていた牡蠣フライを買う。150円なり,安い。
駐車場側を一回りしたあとは,入り口付近の大行列があった牡蠣処理場の北側を探検。
先ずは,牡蠣飯(500円)で補給し,そのあとは牡蠣飯を買った時に目を付けていた牡蠣入りのお好み焼き(400円)を食べた。
アンケートに答えて,「赤穂あらなみ塩」の試供品(100g入り)をいただいたあとは,焼き穴子(6尾入り500円)を買って海の駅をあとにした。
焼き穴子をどうやって持って帰るか。トップチューブにぶら下げると,ペダリングの邪魔になる。しばし考えたあと,フロントバッグのようにハンドルバーの前にぶら下げることにして一件落着。

 相生までは来た道を引き返し,相生から揖保川町までは幹線道路を避けて走り,揖保川町からはR2を東進。かぜか,風が向かい風になったり追い風になったりで一定せず。疲れた脚もあってなかなかスピードを上げられず,自転車屋さんでちょっと休憩。
スタンドに見覚えのある自転車が掛かっていると思ったら,以前おつとめされていたOさんだった。その後,自転車の整備にいらしたYさんと少しだけお話しして帰路についた。

 今日は立春だが,とても暖かい一日だった。風がなければもっと走りやすかったのに。
家に帰ってきてからシャワーを浴びて食事をして録画していた「横町へよーこちょ」を観たあとは疲れのせいで,寝てしまった。

本日の記録(1400)
走行距離:81.79km
走行時間:3時間23分
平均速度:24.0km/h

|

« 明日は牡蠣祭りに | Main | 冬がおわる? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/13787393

Listed below are links to weblogs that reference 坂越牡蠣祭りへ:

« 明日は牡蠣祭りに | Main | 冬がおわる? »