« 取り敢えず対面はすませた | Main | シングルスピード »

2007.04.15

山練

 昨日の夜にこの辺りを通過した寒冷前線は速度が速かったようで,朝起きて外へ出ると地面はほとんど乾いていた。
日中の降水確率も0%でいい天気になりそうだ。

 今週の初めからふじくんが考えてくれた企画は,雨の心配なく決行された。
かなり険しいルートなので,久しぶりにMadoneを出してきてフレームの埃を払いタイヤの内圧を指定圧まで上げて,更にチェーンに給油。
色々と準備をしていると出発時刻が近づいてきたので,家を出た。集合場所のコンビニエンスストアでの集合時刻は8:45。それほど急がなくても時間までに着けるのだが,久しぶりに乗るMadoneはすいすいとスピードが上がる。

 集合場所のコンビニエンスストアに着いたのは8:30頃。
ほぼ集合時刻ぴったりにふじくんが到着。二人でコンビニエンスストアの店内に入り飲料水や補給食を調達した。しばし待つとわぁぷさんはとさんご夫妻が到着。
出発時刻が近づいてきたところでたこやきくんも到着。

 出発時刻を少し過ぎてはいたが,ほぼ予定通りに出発して夢前川沿いを北上。人数が少ないこともあって,やや早めのペースでそのまま雪彦林道の入り口の神社までノンストップで走った。

 短い休憩の後雪彦林道へ突入。
久しぶりにきつく長い坂道を走ったが,やはり坂道は苦手で先頭からすぐに離されてしまった。
3kmほど走ったところで林道に入ってからの一回目の休憩。雪彦山がよく見える。
Seppiko1

更に林道を登るが,だんだん傾斜がきつくなってきてサドルかに腰を下ろすことがなくなった。ヘアピンコーナーが連続する林道を走っているとはとさんが下ってきた。
もう少しで休憩らしい。

 次の休憩ポイントは山のかなり高いところで風が強い。寒さを感じ始めたところで出発し先を目指す。ここからは下りもあって下りでは30km/h以上のスピードが出る反面,登りになるとスピードは一桁に落ちて登りのきつさが更に強調されてしまう。
登ったり下ったりして一人走っていたが,またしてもはとさんが戻ってきた。どうやらもうすぐ休憩ポイントらしい。

 雪彦林道での最後の休憩ポイントとなったところでは,自転車乗り比べが始まった。
ペダルが違っていても何のその。またがれる自転車には乗ってみるという精神で?乗り比べ。だが私は参加せず。ここではアンパンとおにぎりで補給。

 ここから先は下り基調でハイスピードでのダウンヒルセッションだったと記憶している。最後に道路を横切る溝の上に敷かれていたグレーチングの溝蓋に隙間があったのはちょっとびっくりしたが。

 雪彦林道の終点で,夕方からオフロードの練習に参加するというはとさんとはここでお別れ。我々は坂ノ辻峠から西へ向かってダウンヒル。数百mを一気に駆け下りる。
連続するコーナーはほとんどがヘアピンだが,安全優先で早め早めのブレーキング。それでも長いストレートでは60km/h近いスピードをマークした。

 ダウンヒルが終わったところで道端に自動販売機があったので,そこでメンバーが揃うのを待つ。
R29まで出て鯛焼きを購入して道の駅一宮で補給。道の駅ではコロッケやミンチカツも売っていたのでミンチカツとおにぎりで補給。

 次に目指すは砥峰高原。
道の駅からR29を少し北上し,揖保川に流れ込む福知川沿に沿って東へ進む。
福知川の手前で「このままでは帰れなくなるかも」とわぁぷさんが帰宅の途についた。
残る4人で福知川沿いのルートを進むが,当然ながらここもず~っと登り。奥の方では斜度10%以上の坂が現れた。この坂がもう少し続いていたら自転車を押していただろう。

 段が峰との分岐点でたこやきくんが待っていてくれた。ここでメンバーが揃うのを待って全員で砥峰高原へ向かう。
砥峰高原までも登り坂だったもののすぐに着いた。山焼きが終わってすぐの草原は黒っぽかったがもうしばらくすれば新芽で緑の草原になるのだろうか。

 砥峰高原では停まらずにそのまま長谷方面へダウンヒル。
安全最優先ながらここも気持ちよく走れた。
坂を下り終わってからは播但線沿いを南へ走る。下り基調で更に追い風の助けもあって4台の自転車は35km/h付近の速度を維持して走る。こりゃほんまに練習や。
福崎付近まで南下した後,中国道沿いを西へ向かって走ったのだが,登りと向かい風でかなり辛かった。

 前之庄からは再び夢前川沿いを南下。ここからはたこやきくんを先頭に35km/h以上のスピードで集団高速走行。あっという間に朝の集合場所のコンビニエンスストアに到着した。
ここから自宅まではゆっくり,のんびり走った。

企画してくれたふじくんのポラールによると総上昇量は1930mだったらしい。

本日の記録(Madone)
走行距離:146.65km
走行時間:6時間12分
平均速度:23.6km/h

|

« 取り敢えず対面はすませた | Main | シングルスピード »

Comments

お疲れ様でした。
キャリアの違いを感じた1日でした。
次こそは…必ず…。そうそう、納車された自転車で参加してくださいね。
釘まきながら走ります。

Posted by: ともこ | 2007.04.15 at 23:40

ともこさん
キャリアの違いって...
たぶん食べる量の違いじゃないですか。

fillmoreはノーパンクタイヤ装備でした。


ならいいんですが。

Posted by: 瀬戸内穴子 | 2007.04.16 at 22:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 取り敢えず対面はすませた | Main | シングルスピード »