« 路面は濡れていても | Main | 平日はすいている »

2007.07.08

4回目の小豆島は

 今日は6月中旬から持ち上がった企画への参加。
天気が心配されていたが,梅雨前線の活動が弱まって降水確率が一気に低下し雨の心配はなくなった。

 浅い眠りに悩まされながらも夜明け前は気温が下がってようやく熟睡することができ,4:45にセットしていた目覚ましですぐに起床。
もたもたしていられない。出発まで45分しかないのだ。
簡単に朝食を済ませ,支度をする。補給食やらは昨日のうちに準備していなかったのでこれも周囲にあるものをかき集めた。昨日の晩から忘れないようにと念じていた日焼け止めとCCDの袋も持って,ほぼ予定通りに5:30頃に家を出た。

 今回で小豆島へ渡るのは4回目だが,姫路からフェリーに乗るのは初めて。
姫路港へは通勤ルートをちょっと外れるだけなので,当然のことながら自走する。R250を外れて野田川沿いを走っていると,かなり前方にサイクルジャージが見えたのでスピードを上げて追いつこうと試みた。
前を走るのは三人組,うまい具合に集合場所へ到着するまでに最後尾へ着くことができた。

 フェリー乗り場に着いたのは6:10頃で,しばらくすると参加者が次々と集まってきて最終的には14人となった。
フェリーの乗船券を買って乗り場に並ぶ。自転車14台はかなりの数。
定刻にフェリーは福田港へ向けて出発した。所要時間は100分でけっこう長い。朝が早いので寝る人あり,食べる人あり,眠気覚ましにと話す人あり。
到着直前に打ち合わせを少々。

 福田港に着いたのは9時ちょっと前。
最初の休憩ポイント佃煮屋さんを目指して走り始めた。小豆島の東岸は険しいアップダウンが続くのだが,いちばん最初からそこを走ることになる。なぜか私が先頭で,最初はゆるゆると走っていたが調子がいいのでついついペースアップしてしまった。

 橘峠を越えて下ると草壁の街に着く。最初に見えた佃煮店で全員が揃うのを待ち,休憩ポイントへ向かう。5分と走らないうちにソフトクリームがある佃煮屋さんへ到着。
昆布茶のサービスがあり,汗を流した身体にはこの上ない旨さ。
店内にある佃煮の試食をする人や,佃煮ソフトを食べる人,座って話をする人14人もいれば様々だ。私はここで貝ひもの佃煮を買った。

 次の休憩ポイントは小豆島オリーブ公園。道の駅は坂の上にあるのでパスして国道沿いの施設へ。さっきからほとんど走らずに到着。店内に入ってソフトクリームを探したが,今日は販売していない当張り紙だけがあった。楽しみにしていたんだけどな。
ここでも休憩して,走りに来たのかダベリに来たのかわからないような状態。
休憩の後土庄港へ向けて出発。

 緩いながらも長めの坂をいくつか越えるとフェリー乗り場の看板があるので,それに従って走るが,港の少し手前で道がよくわからなくなり先頭交代。
土庄港に着いたのは11時を少し過ぎていた。ここで昼食だが,スーパーやコンビニエンスストアはちょっと戻らないとないらしいので,全員でフェリー乗り場にある食べ物屋さんへ入った。私だけが注文の品を食べたあと隣で冷やし素麺を食べた。ここの冷やし素麺はオーダーがあってから麺を茹でるので腰があってとても美味しかった。
Photo_1


 土庄港から島の北側へ向けてのルートを走るが,フラットだったのは最初の方だけで東岸ほどではないものの緩いアップダウンが続き風もちょっと出てきた。
平地25~27km/h,登り17km/hくらいで走っていたのだが,大阪城残石記念公園の手前でいきなりアタックが勃発。私の後ろに着いている人がいるのでスプリントの群れには加わらずにのんびりと走っていたが,大阪城残石記念公園まで1kmの案内を見て安心したので後を追うことにしたのだが,のときの疲れが最後まで尾を引くことになろうとは思いもよらなかった。

 大阪城残石記念公園で休憩。250mlのお手頃サイズのコーラが売り切れていたので350+150mlを買って飲んだが量多すぎ。かなり苦しくなった。
今回は大阪城残石記念公園の奥の方を見に行って,なるほどと一人納得。

 ここから大部を経て福田まで戻るが,疲れた身体にはかなり辛いルートで14人の団体は二つのグループに分かれた。当然ながら私は第二集団。下りを使ってスピードを乗せても長続きせず,登りも朝の勢いはどこへ行ったという感じ。この区間がいちばん辛かった。
途中小休止を1回入れて福田港へ到着。
到着した時にはかなり消耗しており,何時に着いたのか良く覚えていないが,帰りのフェリーまではまだだいぶ時間がある模様で,ここで走行後の休憩となった。

 帰りのフェリーでも寝る人あり,寝させてもらえない人あり,眠らないように喋る人ありで100分間はそれほど長いと感じなかった。
姫路港へ到着して解散。自宅までの走行は3時間近く休んだせいか,快調に走れた。

本日の記録(1400)
走行距離:86.24km
走行時間:3時間35分
平均速度:23.9km/h


○過去の小豆島
2004年10月16日(土) 完全一周
2005年 3月26日(土) 寒霞渓ヒルクライム
2005年11月12日(土) 寒霞渓紅葉ツーリング (3/26の逆ルート)

|

« 路面は濡れていても | Main | 平日はすいている »

Comments

日曜日はお疲れ様でした。
後半、集団が別れてから強風の中、先頭を引いてもらってホントに助かりました。あそこで千切れていたら、更にしんどかったと思うのです。
次のツーリングでも、またよろしくお願いします!

Posted by: わぁぷ | 2007.07.09 at 21:05

日曜日はお疲れ様でした。寝させてもらえない人のタツです。

小豆島、今回で3度目ですが自転車は初めて、なかなか気に入ってしまいました。
走っていて思ったこと、平坦がない。
播磨中央公園のコースの感触でしょうか・・・

秋にもう一度訪れてみたいです。

Posted by: タツ | 2007.07.09 at 22:36

日曜はお疲れ様でした、楽しくもありしんどいツーリングでしたね。 小豆島も年内にもう1度走りたいと思うツーリングでした、またよろしくお願いします。

Posted by: うめ | 2007.07.09 at 23:29

日曜日はお疲れ様でした。 眠らないように喋る人のかとです。

終始前引きお疲れ様でした。またご一緒する機会がありましたらよろしくお願いします。

Posted by: かと | 2007.07.10 at 10:38

お疲れ様でした。
ツ-リング中にお昼ごはんを2軒行った人初めて見ました。
あと、ケイデンス高いですよね。私も真似して足細くします。

Posted by: ともこ | 2007.07.10 at 12:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/15703149

Listed below are links to weblogs that reference 4回目の小豆島は:

« 路面は濡れていても | Main | 平日はすいている »