« ARC観戦 | Main | 156の小変更 »

2008.07.23

夏が来れば思い出す

 今日も昨日に続いて体調は最悪。自転車通勤しようという気にもならない。
目覚ましが鳴ってももう少し寝ていたいという気があって,二度寝まではいかないもののラジオを聴きながらうとうとする。

 起きた時の空気の重さも最高。朝というか日の出からほとんど時間が経っていないにもかかわらずぜんぜん涼しくない。
通勤時には車のエアコンのスイッチをONにして,ルーフのサンシェードだけ開けて走った。

 通勤や体調のこととは全く関係なく,夏になると聞きたくなるアルバムのご紹介。

その壱
VESTA 平岩英子
 1998年の作品だから今からちょうど10年前のリリースだ。温度は高いものの完全に完走した風を受けているような感じか。
二曲目の「夏の香水」とラストの「宝島」は大好きな曲。

その弐
ニュー・ムーン 大貫妙子
 一曲目の「泳ぐ人」の清涼感は夏にぴったり。

その参
ポリエステル 早瀬優香子
 けだるいボーカルと南国風アレンジ。これを聴きながら昼寝するのは夏の贅沢か。

 そのほかにもISIS/日向俊文 やゴンチチ,溝口肇,ケルカンなど夏に聴きたいアルバムはたくさんあるがなかなか自宅では再生できない。

本日の記録
走行距離:0km

|

« ARC観戦 | Main | 156の小変更 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ARC観戦 | Main | 156の小変更 »