« 秋晴れ | Main | ひやおろし一本目が空に »

2008.10.05

秋のふく蔵

 昨日は朝起きて新聞を見た後は再び眠りについて,吉本新喜劇さえリアルタイムで見ずに眠りつづけた。
今日は8時ちょうどに目が開いたので,すぐにTV受像機のスイッチをONにし,「ルソンの壷」とその後の「経済羅針盤」を見た。
外の天気は雨。今日は何をしようかと考えようとしていたところへメール着信。ふく蔵へのお誘いのメールだった。

 WEBでふく蔵のメニューを見た後,雨の降る中傘をさして近所のスーパーマーケットへ。
待つこと数分でふじ君の車が到着。県道を20分ほど走ってふく蔵に到着。雨降りだというのに駐車場には片手では数えられないほどの車が止まっていた。

 予約の時間よりも早く着いたので,一階をうろつく。とくに変わったところなし。
二階へ上がってみるとかなりの席が埋まっている。前回と同じ西側の一番奥へ案内された。
家を出る時から決めていた10月限定メニューの「播州百日鶏と秋の茸の煮込み膳」と播州鶏のフライをオーダー。食前酒はいつものFuで,ご飯はさつまいもご飯。

Simg_0405

 ランチの御膳に一品を加えた昼食はあっという間に胃に収まって,心も身体も満足。
デザートは今回初登場のスイートポテト。外側のごく薄いパイ皮に包まれたさつまいもはほんのり甘く素材の味が活きていた。

Simg_0410

 食事の後は一階のギャラリーを見てまわったり清酒の試飲で味を確かめたりしながらのんび過ごし,特別純米のひやおろしを買って帰宅。

本日の記録
走行距離:0km

|

« 秋晴れ | Main | ひやおろし一本目が空に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋晴れ | Main | ひやおろし一本目が空に »