« 増量・減量 | Main | 別れの春 »

2009.03.15

身近な国宝

 昨晩考えた,日曜日は天気がいいのでどこかへ出かけよう。
さてどこへ行くか。めぐりめぐった結果,自宅から自転車で行けて最近ぜんぜん行っていないところということで,姫路城に行くことにした。

 日曜日の朝には欠かせない「ルソンの壷」と「経済羅針盤」を見てから出かけるしたくをして,自宅を出たのは9時30分ごろ。ゲートオープンは9時なので早く行くに越したことはないが,スタートが遅いのでのんびり行ってもそんなに変わらない。
大手前通りの駐輪場に自転車を預けて大手門をくぐったのは10時前だった。

 三の丸広場の横を通って入城のゲートでチケットを買い姫路場内へ足を踏み入れた。
小学校の遠足か何かで来た覚えはあるが,それが何年前だったか,城内がどんな様子だったはすっかり忘れているのでほとんど初めてのようなもの。

 菱の門をくぐって西の丸へ。すぐに渡櫓の入り口には向かわずに西の丸の中をうろうろする。西の丸にはかなりの数の桜の木がありあと2週間もすればとてもきれいになるはず。

Dsc_1991


渡櫓の入り口で靴を脱いでスリッパに履き替えて順路を進む。
化粧櫓で再び靴に履き替えて二の丸を抜け,天守閣の北側へ。この辺りに来ると自分が今どこにいるのかよくわからなくなった。

 天守閣の東を回って備前丸へ出てから屋外の階段を上り大天守へ。城内へ入るときには再びスリッパに履き替える。
記憶にある急で狭い階段は,登ってみるとやや急であるものの広さは全然狭くなくてちょっと拍子抜けした。
大天守の中にある展示物を見ながらだんだん上へ登っていき最上階である六階へ。
六回には神社が祭られていた。帰ってきてパンフレットを見ると長壁神社だった。姫路市民には繁華街にある浴衣祭りのお宮のほうが知られているように思うがこんなところにもあったとはちょっと驚いた。

 下りの階段は上りよりも厄介だ。目の前を梁が横切っていて,反り返らないと通ることができない。上りの順路を横目で見ながら大天守を下りて行き靴に履き替えて再び備前丸へ。
今度は降りていく順路に沿ってお菊井戸の前を通って二の丸へ抜けて菱の門を出て,姫路城の見学終了。この日撮影した写真は200枚少々。

Dsc_2014

Dsc_2112

Dsc_2130

Dsc_2152

Dsc_2159

Dsc_2170

Dsc_2194


本日の記録(1200FB)
走行距離:10.85km
走行時間:0時間32分
平均速度:20.3km/h

|

« 増量・減量 | Main | 別れの春 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 増量・減量 | Main | 別れの春 »