« 久しぶりの更新 | Main | うどん材料 »

2009.05.24

海道を行く

 週半ばまでの天気予報が変わって今日の天気はちょっと悪い。
夜中に意識が戻ったときには雨音が聞こえていたし,起きてみるとやっぱり雨。
しかしリアルタイムレーダーを見てみると目的地に雲はない。何の疑いもなく出かける支度をした。

 車に乗って雨の中を走ること2時間弱。福山SAに到着した。ここでも地面はぬれている。
先に到着していたこばこばさんとsumiさんと合流後,こばこばさんの先導でこばこばさんの実家へ移動。ここに車を停めてしまなみ海道を走るのだ。

 スタート地点は向島。島を反時計回りに走り因島大橋へアプローチ。海岸沿いの道路から橋桁の高さまで昇らなくてはいけない。
こばこばさんの案内で自転車と125cc未満のモーターサイクル用の道路の入り口へ。こりゃ下調べなしで来ると入り口を探すのに一苦労だわ。
片側2mくらいの幅の道路を無理のないペースで走り,因島大橋の入り口へ着いた。この橋は自転車は自動車用道路の下を走ることになる。渡り終えたところに料金所。
橋から離れると最初に登ってきたような道をゆっくりと降りる。道幅が狭いのと曲がりくねっているのでスピードは出せない。

Dsc_0047_2
(因島大橋)

 因島の一般道沿いを走り次の橋へ。
生口橋からは自転車も自動車と同じ橋を渡る。海面からかなりの高さのところを走るので眺めは良好。非常に気持ちがいい。が橋はあっという間に終わる。

 生口島の中も反時計回りで島を半周する感じだが,もうこの辺りから腰が痛くなってきた。景色がよさそうだったのでD60を持ってきたのは失敗だったか。などと思いながらも後へは退けない。


Dsc_0036
(多田羅大橋)

 多々羅大橋を渡ったところが全行程のほぼ1/4ここで最初の休憩。腰が伸ばせてハッピー。ここで各自補給し先へ進む。大三島は東の海岸沿いを走ったのだが,景色があまり変わらなかったのでちょっと退屈。
大三島橋を渡った先の伯方島の一般道はごく短く,すぐに伯方・大島大橋に。

 大島の中の道はかなりのアップダウンありでかなり脚に来た。峠がひとつだと思っていたら二つあったのもショック。

 最後の来島海峡大橋はしまなみ海道の中で一番長い橋。途中でひとつ島をまたいでいるのだ。
この橋のアプローチは山の中を走るのではなく,自転車専用のスロープがある。

Dsc_0019
(完全に空中を走っている感じ)


Dsc_0026

 長い長い来島海峡大橋を渡り終えてサンライズ糸山へ。ここでレストランに入って昼食を摂る。注文したのは「刺身定食」だったが出てきたのはこの通り。
Dsc_0022

から揚げは要らんからもうちょっと刺身の量を増やしてほしかった。
食後に売店をうろうろしているとこんなものが。
Dsc_0024

姫路近辺では見たことがない紙パック入りのポンジュースが売っていた。さすが愛媛県。
でも,コーヒーを飲んだ直後で購入を断念した。
食後は建物の外へ出て来島海峡大橋の写真を撮って帰路へ。

 往路と同じ大三島で休憩。ここではソフトクリームと瓶入りのコカコーラで補給。
走り始めると雨が降ってきた。降り始めたのが多々良大橋のアプローチだったので雨が小降りになるまで橋の下で雨宿り。雨が小降りになったところで走行再開。

 生口島は往路とは違うルートを走った。ここでももう少しで橋というところで雨に降られた。
二回目の雨はちょっと長く,生口橋の手前でだいぶ長いこと足止めを食らった。ここでは私だけ補給を取った。
雨が小降りになったところで再々スタート。
これ以降は雨に降られることもなくスタート地点の向島まで帰ってくることができた。

 このたびのツーリングはなにから何までこばこばさんにお世話になりっぱなしだった。

本日の記録(Madone)
走行距離:137.59km
走行時間:6時間30分
平均速度:21.1km

|

« 久しぶりの更新 | Main | うどん材料 »

Comments

お疲れっした~.一眼デジカメ背負って走るアニキは凄かったっすよ!!

Posted by: sumi | 2009.05.25 at 20:32

> sumiアニキ
 腰と肩にかなりの負荷がかかった模様。
脚よりも肩や腕の疲れようがひどいです。

Posted by: 瀬戸内 | 2009.05.25 at 21:37

しまなみお疲れ様でした。
カメラの+1kgは堪えたでしょう。
天気がいい日にまた行きたいものです。
僕もバックを背負っていたので予想以上に消耗してしまいました。

Posted by: こばこば | 2009.05.26 at 00:23

ポンジュースがでる水道は無かったですか?
松山空港には有ったらしいのですが

一度も走ったことないので今年こそは行ったみたいです

Posted by: うめ | 2009.05.28 at 08:32

> こばこばアニキ
 あのカバンは通勤用で非常用にいろいろと小物が入っていましたから,プラスカメラでかなり堪えました。
次の日は頸や肩周りが痛かったです。
今回は雨さえなければかなりいいコンディションだったと思います。一番の敵は風でしょうね。

> うめさん
 サンライズ糸山は宿泊施設もあるので,一般の入場者が入れるところは限りがありそんなに広い範囲ではなかったようです。
うろうろした範囲ではジュースが出るような蛇口は発見できませんでした。

 橋の上はふきっさらしなので,風があると辛そうです。北風だと帰るのが辛い。

Posted by: 瀬戸内 | 2009.05.30 at 21:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 久しぶりの更新 | Main | うどん材料 »