« 電池切れ | Main | すぐれもの »

2009.06.20

玉葱とビワの島へ

 今日はぱぱろぐさん企画の淡路島ツーリングの日。心配していた天気も問題なさそう。
目覚ましを4時にセットして寝たのだが,3時30分頃に目が覚めて4時から活動を開始した。計画だと5時過ぎに家を出て明石までの移動はJRに乗る予定だったが,目覚めるのが早かったので明石まで自走に変更。

 4時40分頃に家を出ようとしたまさにその時雨が降り始めた。起きた時に見たリアルタイムレーダーでは雲はなく安心していたのだが...
携帯電話で雲の大きさを確認し問題なしと判断。小雨の中R2を東へ向かった。

 淡路島ではそれほどハードに走らない事がわかっていたので,明石まではほどほどのペースで走り,約90分で明石駅前に到着。R2は真っ平らではなくけっこうアップダウンがある。
先ずは腹ごしらえと駅前の牛丼屋で並盛りを一杯注文。家を出る前にあんパンとヨーグルトを食べてていたものの,この先の事を考えると食べておかないと心配だ。

 待ち合わせ場所のフェリー乗り場に入ろうとした時に参加者のこばこばさんの姿を発見。
一緒に乗船手続きをして待合所で時間が来るのを待つ。
フェリー会社の人が6時40分の便の乗船を知らせに来たが,我々は次の便。
そうこうしているあいだにフェリー乗り場の入り口付近にぱぱろぐさんの姿を発見したこばこばさんが自転車でそちらへ移動。私も続く。

 ぱぱろぐさんにメンバー紹介をしていただいたあと,乗船場所で船が着くのを待ちながらいろいろと話をする。
定刻にフェリーは出発した。明石海峡を船で渡るのは30年以上前に一度フェリーに乗って以来。東に明石海峡大橋が見え,淡路島に近づくにつれてフェリーは東へと進路を変え橋の下をくぐった。

Img_0600

20分という短い時間で岩屋港に到着。

 淡路島まったりツーリングの始まり始まり。
最初のうちは様子を見ながら20km/hくらいのスピードで走っていたが,追い風のアシストがあり,知らず知らずのうちにペースが上がる。一度コンビニで休憩してオノコロを過ぎた辺りで右折。

 ここから西岸を目指す。
峠なしという話だったが,淡路島の東西ルートなので平坦なんてことは絶対にあり得ない。
何回かに別れた登があったほかは明確な峠らしきものはなく,台地状の場所を走っているように思えたが,ルートは全部ひと任せだったのでどこをどう走ったのかは再現不可能。

 西岸の一歩手前で再びコンビニ休憩。この時点ではスケジュールよりもかなり早めに進行していた。
西岸に出ると正直に向かい風。ペースダウンしながらも播磨灘を見ながら楽しく走る。
後半メンバーの自転車にメカトラもあって計画通りのスケジュールになり,12時過ぎに道の駅淡路へ到着。

 淡路島側から見る明石海峡大橋はやっぱりデカかかった。
道の駅の中を食べ物を探してうろうろして,焼き穴子丼に行き当たりみそ汁付きを注文。

Img_0627

椅子に座って食べ始めるとなかなか腰が上がらない。
結局2時間近く座っていてフェリー乗り場に移動した時にはタッチの差で船が出たところ。
30分待って15時10分の便に乗ったと思うのだが,記憶は曖昧。

 明石からはこばこばさんの車に同乗させていただき自宅近所まで送っていただいた。
持っていった輪行袋は結局使わなかったが,車で移動できてとっても楽ができた。こばこばさんありがとうございました。


本日の記録(1400)
走行距離:112.27km
走行時間:5時間02分
平均速度:22.2km/h

|

« 電池切れ | Main | すぐれもの »

Comments

ツーリング楽しかったですね。
今回も心地よい疲労感を味わえました。
道の駅で瀬戸内さんがどれほど暴食するのかと期待?していたんですよ(笑。
次回は小豆島でしょうかね?

Posted by: こばこば | 2009.06.21 at 23:10

楽しかったですー。
穴子さんがアナゴ食べてる写真を撮り忘れましたぁ。

Posted by: ぱぱろぐ | 2009.06.22 at 08:51

> こばこばさん
 帰りはお世話になりました。
道の駅での「暴食」ですか、一度腰を下ろすとなかなか立ち上がれなかったもんですからつぎの品に手が出ませんでした。
宴会でもあればご披露できそうですが。

 小豆島は真夏それとも秋?

> ぱぱろぐさん
 私は家へ帰ってからもアナゴでした。
楽しい企画ありがとうございました。

Posted by: 瀬戸内 | 2009.06.22 at 20:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 電池切れ | Main | すぐれもの »