« フォタリング | Main | 道でばったり »

2011.04.30

第二世代Core iで組む

 昨日の午後にフォタリングで撮影した写真を見ていると荷物が届いた。
木曜日の夜に発注したコンピュータのパーツだった。

 すぐに開封してリストと照合し発注した部品が全てあることをチェックした。
当然ながら欠品はなし。各パーツの箱を開けて作業開始。

 先ずはケース。高さは低いが奥行き気がある。質感は予想したほどではなく値段相応。
電源を取り付けたあとシャドウベイを外して,マザーボードに付属しているバックパネルを取り付けて,マザーボードをねじ止めするねじ穴を確認。
スペーサーを取り付けてマザーボードをセットする準備は完了。

 マザーボードにCPUを取り付けてクーラーを取り付ける。クーラーの固定に少々手間取ったが無事完了。クーリングファンの電源を接続してCPUの取り付け完了。
メモリの取り付けは何の問題もなし。

 マザーボードをケースにセットして電源を繋いで,ケースのUSBコネクタや電源とLEDのケーブルをピンヘッダに繋いでほぼ作業完了。
取り外していたシャドウベイを取り付けて,そこにHDDを取り付けてケーブルを繋いで起動準備完了。HDDはこの前壊れたと思っていた1TBのサムソン製を取り付けた。

- 内部の様子 -
Dscn0297_005


 だが,ここで問題発生。
今回採用したマザーボードIntel DH67BLB3はレガシーフリーでPS/2のコネクタがない。
PS/2->USBへ変換する器具は発注しているものの明日にならないと到着しないだろう。それよりもだいぶ早くに組み上げてしまったので接続できるキーボードがない。
さらに,ディスプレイのコネクタもDVIなので,D-Subに変換するコネクタが必要だ。

 近所の電器屋に行って仕入れることにした。希望する商品があるとは限らないが,早いこと電源投入したかった。
1軒目にはキーボードが売ってなかったので次に店へ向かう。
とりあえず,なるべく安価なキーボードを選んでディスプレイの変換コネクタも入手して急いで家に帰る。

 使っていない19インチのLCDとキーボードを繋いで電源投入。
BIOSでエラーがないことを確認し,USBポートに繋いだ機器からブートするように設定を変更してWindows7をインストール。
インストールは40分ほどで終わり,各種ドライヴァをマザーボードに付属しているCDから導入してまともに使えるようになった。

気になる性能は,エクスペリエンスインデックスの評価を実行してみた結果は,
Photo

プロセッサ:6.9
メモリ:5.9
グラフィックス:5.2
ゲーム用グラフィックス:4.6
プライマリハードディスク:5.9


現用機のAthlon 4850eを使ったマシンはというと,

プロセッサ:5.5
メモリ:5.9
グラフィックス:3.9
ゲーム用グラフィックス:5.2
プライマリハードディスク:5.9

とCore i3を使ったマシンがゲーム用グラフィックス以外で同じか上回っていた。
特に,プロセッサはかなり違いが大きい。
第2世代Core i恐るべし。ゲーム以外の用途であれば,グラフィックアダプタも不要になるのでコスト的にも有利だ。
これまでは,使えるグラフィックというとチップセット内蔵のAMD製という認識だったが,認識を改める必要がありそうだ。

 このままWindows7を使い続けるのではなく,ファイルサーバ化する予定。


本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:14.86km
走行時間:0時間41分
平均速度:21.6km/h

|

« フォタリング | Main | 道でばったり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/51539936

Listed below are links to weblogs that reference 第二世代Core iで組む:

« フォタリング | Main | 道でばったり »