« 今シーズン初の氷点下 | Main | 復旧できたが... »

2011.12.21

往きも帰りも

 一日中休みをおいて今日も自転車通勤。週初めの週間天気予報では今日は雨の予報だったが,昨日辺りから晴れの予報に変わっていたのは幸運。
明け方の気温は2℃付近でそれほど冷え込んでいなかった。

 月曜日の反省から今日はインナーグローブを厚い物に替えて出発。
道中痺れるほどの冷たさではなかったが,ほかほかというにはほど遠くあとは慣れの問題か。

 気温がやや高めということもあって,どこも冷たくならずに順調に会社に近づいていたが2/3を過ぎた辺りで後輪がパンクした。リム側は問題ないはずなので,何かを踏んだか。
まだ辺りは暗いので,街灯の下で停車してチューブ交換に取りかかる。
リヤホイールを外してすぐにパンクの原因がはっきりした。

 トレッドのほぼ中央に薄い金属片が刺さっていた。それを取り除いてチューブ交換。
チューブを入れたあと,タイヤのビードがなかなかリムにかからずちょっと手こずって,さらにチューブが外に残っていたので二回エアを抜いてチューブを中に入れる手直しをした。パナレーサーのタイヤは嵌めにくい。
タイヤの内圧はなんとか走れる程度まで上げて会社へ向かう。

 20分ほどタイムロスをしているのでちょっと焦って,力の限りペダルをまわす。
しかし,信号で停まるので頑張った甲斐はほとんどなかったような。
20分ほどタイムロスしたにもかかわらず,会社に着いたのはいつもの10分遅れ。ちょっと早めに家を出たのが効いていたようだ。

 帰る前にインフレーターで後輪をちょっと加圧してスタート。走り出してみると後輪から定期的な振動が出ていた。気にせず走っていたのだが,なんかおかしいので停まろうと場所を探していた時に後輪のチューブが破裂した。
朝のパンク修理がちゃんとできておらず,チューブがはみ出していたようだ。
帰りもチューブ交換。今度はちゃんとチューブがタイヤの中に収まっていることを確認してインフレーターで加圧していく。時間に制限はないので,力の限り加圧する。

 慎重に作業したので,チューブのはみ出しもなく,内圧はかなり高くなった。
走り始めるが,予備チューブがないのはとても心細い。
通勤ルートのほぼ半ばにスポーツ用品店があって700Cのチューブが手に入る。店に立ち寄って2本仕入れて一安心。

 やはり予備チューブがないのとあるのでは安心感が全然違う。気分的に楽になってその後はペースもちょっと上がった。

本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:38.19km
走行時間:1時間33分
平均速度:24.5km/h

|

« 今シーズン初の氷点下 | Main | 復旧できたが... »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/53537122

Listed below are links to weblogs that reference 往きも帰りも:

« 今シーズン初の氷点下 | Main | 復旧できたが... »