« 今日の寒さは | Main | X100eのHDDを交換してから »

2012.01.14

X100eのHDDを交換した

 昨年末にマザーボードの不具合を確認するためにショップに持ち込んだのだが,その時にパーツの買い取りもしていることがわかった。
昨年の5月頃に現像用マシンのマザーボードをアップグレードしたときに取り外した,元々システムに付いていたマザーボードを買い取ってもらおうと思っていてようやく持ち込むことができた。

 マザーボードだけでなく,CPUとメモリも一緒。買い取りカウンタに持ち込んで,検品~動作確認ののち現金が手に入った。全体的に予想以上の高値が付いてけっこうな現金が手に入った。
これでLGA1155のプロセッサとメモリを買うつもりだった。

 メモリは潤沢にあったが,プロセッサは欲しいモデルが売り切れていた。ThinkPad x100eのHDDを更新するためのHDDに適当なものがないかと探した結果,HGS製の250GBのモデルが妥当な値段で売っていたので購入して交換することにした。

 X100eのHDDは購入時のカスタマイズで320GBにしていたのだが,ちょっと前から診断プログラムで障害の報告があり,HDDの更新が必要だったのだ。できれば同容量のものが欲しかったのだが,品薄な時期に贅沢は言えない。1TBほどの商品はオーバースペックだし,値段も高い。そんな訳でオリジナルよりも容量が小さいHDDと交換することになった。
こんな事は初めてだが,X100eで何でもやるという使い方でもないし,HDDの空きが少ない訳でもなかったので値段優先での選択だ。

 帰ってきて最初にやったことはリカバリ用のメディアの作成。外付けのDVDドライヴを繋いでメディアの作成プログラムを起動。
一番時間がかかったのはディスクイメージの作成で,その後のディスクへの書き込みはベリファイを含めてもそれほど長い時間はかからなかった。

 リカバリメディアができたので,X100eの裏ぶたを開けHDDを交換。取り外したHDDはUSB接続の外付けケースに収める。HDDの交換は20分で終了。
外付けDVDにリカバリメディアを入れてブートしてリカバリ開始。
1時間とかからず購入時の状態に復元完了。初期設定をしたがキーボードが英語配列なので「言語」にUSを指定したら日本語入力ができなくなった。これはコントロールパネルで設定を変更して問題はすぐに解決。
問題になったのは,英語キーボードなのにキーボードのドライヴァは「日本語」だったこと。

 今日のところはWindowsUpdateをやって時間切れ。

本日の自転車記録
走行距離:0km

|

« 今日の寒さは | Main | X100eのHDDを交換してから »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/53740807

Listed below are links to weblogs that reference X100eのHDDを交換した:

« 今日の寒さは | Main | X100eのHDDを交換してから »