« ちょっと風が強い | Main | 春よ来い »

2012.02.25

PCのケースを更新

 今日の午前は降水確率50%の予報。出歩かずに室内でできることをと考えて写真現像用計算機のケースの更新を行った。

 ケースそのものは水曜日の夜に発注して,金曜日には到着していた。
昨日の夜は作業に着手するよりも早く寝たかったので,ケースの梱包を解いてキズや破損がないかをチェックしただけで,今日の9時頃から作業に着手した。

 まずはケースに入っているパーツ類を取り外す。ケーブルの類をぜんぶ外して最初に電源ユニットを取り外す。
マザーボードを取り外し,最後にドライヴ類を取り外す。HDDはツールレスで取り外し可能だったがDVDドライヴはフロントパネルまで取り外さないと出てこなかった。
フロントパネルを取り外すには六角レンチが必要で,これはうまい具合に自転車用のものが使えたので助かった。

 取り外したマザーボードからCPUのヒートシンクを取り外し,方向転換をした。
前回取り付けた時には,エアフローの方向がわからず後ろから前へ風が流れるように取り付けてしまっていたのだ。
ヒートシンクを取り外してCPUのヒートスプレッダに残ったシリコングリスを拭き取ったあと,ヒートシンクのCPUと接触する面を見てびっくり。プラスティックの保護シートを剥がさずに使っていたのだ。
このシートは剥がして再取り付け。これまでと前後を逆にすると一カ所ねじを締め付けることができなくなった。これまでは指で締め付けられていた部分がマザーボードとヒートシンクのクリアランスが減ったことで指が入らなくなったのだ。

 作業を進めるには,軸の長いプラスドライバが必要だ。ホームセンターへ買い出しに走る。軸の長さがじゅうぶん以上に長い商品を発見し,それを購入して家に帰ってきて作業を進める。
マザーボードの取り付けねじが巧く締め込めない。マザーボードをのけて確認してみると何とミリねじだ。ケースに付属のねじを使うようにマニュアルに書いてあった。

 マザーボードが固定できたあとはグラフィックアダプタを取り付け,さらに電源ユニットを取り付ける。
何かこれも収まりが悪い。よくよく観察してみると,前のケースから取り外した状態では鍔のような鉄板が付いていてこれが邪魔をしているようだった。
この鉄板を取り外すと問題なく収まった。

 新しく買ったケースは電源ユニットを底に取り付けるようになっている。マザーボードの電源コネクタまで無理なく届くか心配だったが,ぎりぎり届いた。
DVDドライヴはツールレスで取り付けられるのだが,固定がちょっと緩いようだったのでねじ止めした。
HDDは前のケースと同じ固定方法で,取り付けに必要なゴムリングも互換性があったのでそのまま取り付けた。

 最後にSATAのケーブルを接続したのだが,マザーボードのSATAコネクタの開口部がケース前面に向いていて,この前にはケーブルの収納部が迫ってきている。
手持ちのSATAケーブルの中からコネクタ部の短いものをかき集めて何とか接続した。

S_dscn0697

S_dscn0698

 これでパーツのインストールは終了。ディスプレイのケーブルを接続し,電源とキーボードさらにマウスを接続して電源投入。
原因不明のトラブルはあったものの,メモリモジュールとグラフィックアダプタを取り付け直して復旧できた。

 3.5インチのオープンベイがないのでカードリーダーは取り付けられないものの,天板にUSBのポートがあるので外付けのUSB3.0のカードリーダーを買うつもりだ。

本日の自転車記録
走行距離:0km

|

« ちょっと風が強い | Main | 春よ来い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/54075560

Listed below are links to weblogs that reference PCのケースを更新:

« ちょっと風が強い | Main | 春よ来い »