« 魔法のギア | Main | 不安定な天気 »

2012.05.26

ThinkPad X220を使えるようにする

 発注しなおしたThinkPadの配送予定は24日。24,25日と出張だったので早く家に帰りたかったのだが,自宅着は25日の20時過ぎになってしまった。
取り敢えず梱包を開けて中身を取り出して英語キーボードであることを確認してから食事。

 食事をして風呂から上がってからセットアップを開始した。
言語の選択でUSを指定したところ,キーボードの刻印通りのキャラクタが入力できていたが,日本語を入力することができなかった。Microsoft IMEに切り替えるとキーボードの刻印と入力されるキャラクタが違っていた。
やっぱりレジストリを変更しないとだめだ。
まぁ,まずはWindowsUpdateをして寝ることにした。

 土曜日の朝から作業を再開。
Googleで「Windows7英語キーボード」で検索してヒットしたサイトの情報を元にレジストリの値を変更して入力する文字がキーボードの刻印どおりになった。

さらに,ATOKのインストールとX-mouseの設定をして再起動。

ウイルスバスターをインストールしてパターンファイルを最新化。
Oteditをダウンロードしてインストール。

 atokを使いやすくするために,これまで使っていた辞書をインポート。
辞書のインポートは辞書ユーティリティで旧辞書を開いて新辞書に書き出す操作でインポートする,ちょっとややこしい。
入力のための細かい設定を変更するために新しいスタイルを作る。キーと表示色はWXGでローマ字はOAK/Winを選択。これで,指の動きと操作体系がマッチした。

officeはApache_OpenOffice。
View NX2をインストール。当然ながら64bit版だ。
X100からIEのブックマークをコピーしてほぼ出来上がり。

 ウルトラベースを取り付けてもみた。今のところ,ストレージが何も付いていないので変わった点は,イーサネットのコネクタ位置が背面に移動して横倒しで置けるようになったこと。

 途中2回デフラグを実行して,ThinkVantege System Updateを実行してドライヴァを最新版に置き換える。
これは非常に便利で,一回の操作でデバイスドライヴァを最新版に置き換えることができる。むかしは,アップデートされたドライヴァを単体でダウンロードして置き換えていたので便利になったものだ。

 無線LANの転送速度が遅い点は,アクセスポイントのファームウエアをアップデートしてみることにした。
作業はX100から行って,ちょっと分かりにくいドキュメントを読んで無線LANアクセスポイントのファームウエアをアップデートしてX220でアクセスしてみると見違えるように転送速度が上がっていた。有線のLANと転送速度は変わらない。ちょっとびっくりだ。

 あとはメールクライアントのインストールとログの引っ越しをすればほぼ終了。
Becky!のインストールは瞬時に終了し,事前にログをコピーしておいたディレクトリを指定して作業は完了。プロセッサが速いと作業が終わるのも早い。

プロセッサの速度に関しては,常用のデスクトップPCといい勝負になった。
パームレストがそれほど熱くならないのも好印象。PgUp,PgDnキーを押すと安っぽい音がする以外はキーボードは一級品。
X100と比べるとひとまわり以上大きくなっているが,買い換えてよかったと思っている。

本日の自転車記録
走行距離:0km

|

« 魔法のギア | Main | 不安定な天気 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/54808870

Listed below are links to weblogs that reference ThinkPad X220を使えるようにする:

« 魔法のギア | Main | 不安定な天気 »