« June 2012 | Main | August 2012 »

2012.07.18

異音の原因は

 今朝の最低気温は23.9℃で,体感的にも昨日よりも涼しかった。
昨晩寝たのが遅かったのだだが,コンディションはいいのでここは自転車通勤をしておこう。

 昨日梅雨明けの発表があったが,発表の数日前から事実上梅雨明けしていたと思わせる天気で,最低気温が25℃を下回ってはいるものの全力で走ると自転車を降りた時に辛くなる。
道のりの半分くらいまでは全力で走ってもいいが,そのあとはちょっと力を抜いて走ることを心がけて会社へ到着。
幸い後半は追い風でちょっと楽ができた。

 帰りは自転車にちょっと気になる点があったので自転車屋さん経由のルートで帰宅。
気になるところは,フロントホイールからの異音だ。
自転車を傾けるとフロントホイールからシャラシャラという感じの音が出るのだ。

 自転車屋さんに着くと先客沢山。
ちょっと待ってから,症状を告げて点検をお願いした。ホイールを横から突くと似たような音がする。
点検の結果は...
スポークに取り付けてあるリフレクターの取り付けが緩んでいたようで,ホイール側にちょっと動かすと異音の発生は停まった。
結果がわかってみるとなんだと思うようなことだが,いつもと違う音がするというのは異常発見の第一歩だと思うので,先ずは点検だ。

 ドライブトレインを交換してほぼ一ヶ月経つので,変速ワイヤーの延び調整も受けて安心して帰路につくことができた。


本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:39.98km
走行時間:1時間37分
平均速度:24.7km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.15

数年ぶりのライヴ

 心配していた天気は曇りのち晴れでとても暑くなった。ちょっとはましな衣装を着ようという気が失せてほぼ普段着で出掛けることにした。
まぁ,駅まで自転車なのでボトムはGパンから大きく変えられないのだが。

 ちょっと時間に余裕を持って最寄り駅へ自転車へ移動。この暑さのせいで,ゆっくり走ったつもりでも自転車から降りると汗が噴き出てくるが電車に乗るまでの辛抱だ。
涼しい電車内で"to the niens"を聴きながら1時間ほど電車に揺られて大阪へ到着。

 開場まで1時間ほどの余裕があり,大阪駅のデパートの特定の階を見てまわったが,特に見るべきものはなく時間が余ってしまった。かといって,ヨドバシに行くほどの時間はなかったので,椅子に座って時間を潰していたものの空調のないところだったので長続きせず会場探しに移動。

 西梅田駅の北側の地下通路を西に歩いていくと,それほど苦労せずに会場は見つかった。しかし,開場時間にはもう少し時間があるので付近をうろうろして時間を潰す。
16時30分を過ぎたので会場へ移動した。

 受付で名前を告げると紙切れが発券されそれを持って店内へ入る。第一の関所でその紙を見せるとしばし待った後席へ連れて行ってもらえた。
ビールを飲みながら開演を待つ。マリさんのインディアンチキンもオーダーしたよ。

 チキンを食べ終わってしばらくすると開演。
あっという間の80分。ちょっと短過ぎという印象が大だが2ステージあるのでこんなものか。
セットリストはツアーが終われば発表されるだろうから,聴くことに集中していた。
すごくひさしぶりの生演奏はとても楽しかったし,詰めれば4人座れそうなボックス席を独り占めしてゆったりと聴けたのもよかった。
16時30分きっちりに始まったステージはアンコールを含めても2時間弱で終了し,席で飲食代金の精算を済ませて店の外に出たのは18時を少しだけ回った頃。

 すぐに大阪駅へ向かって,家に着いたのは19時40分頃。これまで経験したことがない時間の帰宅だった。

本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:5.97km
走行時間:0時間17分
平均速度:20.8km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.08

昔のリクエスト

 その昔,ラジオ番組への通信手段といえば郵便しかなかった。
番組を聴いたあとでリクエスト曲を書いた葉書を書いて,早くても翌日にならないと投函しないので,週に1回のオンエアの番組だと紹介されるチャンスは翌週だ。

 現在のインターネットを使ったシステムに比べると,なんとのどかなことだったか。
でも,負けているのは(?)リードタイムだけで,直筆でじっくりと時間をかけて葉書を書いて郵便局まで行って投函するというプロセスを経て放送局へ届くのはそれだけ手間もかかっているということだ。

 葉書のフォーマットは人それぞれで,書かれた文字も個性的ならリクエストする曲の好みも人それぞれだったはず。
もらった方は,名前を見なくても宛名書きを見るだけで誰からの葉書かを特定できていたと思う。

 今はファクシミリで送らない限り,フォーマットは決まっているし,手書き文字でもない。個性を出せるのは文面だけとう状況だ。
ファクシミリで送るのは,装置がないしコンピュータにモデムが付いていないので無理。

 葉書を復活させるという事も考えられるが,今の自分にそれができるかどうか。

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »