« 一気に秋へ | Main | 自転車で走るにはいい季節 »

2012.09.23

Lenovo IdeaPad S110を使ってみて

 X220を買ったのでX100eを売却したら自宅に32bit環境がなくなっていた。
ネットブックでも買っておくかと思って,選んだのがLenovoのIdeaPad S110だった。
買ったのはLenovoのWEB直販で,納期はそれほどかからなかったと思う。

主な仕様は
CPU:Atom N2600
メモリ:1GB
チップセット:Intel NM10 Express
HDD:320GB HDD
ディスプレイ、1,024×600ドット10.1型ワイド光沢液晶
OS:Windows 7 Starter(32bit)

 買ってすぐの状態ではメモリが1GBしか載っていないので,実用に耐えなかったのだが同時に買っていた2GBのメモリに差し換えると見違えるほどさくさく動くようになった。
ただし,メモリを差し換えるにはほぼ全ばらしに近い状態まで解体する必要があるのだが。

 先ずはOSから。
プレインストールのOSはWindows7Starterだが,HomePremiumにアップグレードする必要性は感じない。デスクトップアイコンは表示するかしないかの二者択一など,デスクトップ周辺の設定が細かくできないものの,実用上は問題なし。
そのほかの使い勝手はHomePremiumと差は感じない。

 WEBブラウザはChromeで常時10枚くらいのタブを表示している。それ以外はテキストエディタで少々文章を書くくらいの使い方なら,このくらいのスペックのコンピュータでも全く問題はない。クラシック表示を試したら,これが良好。さらに快適になった。
ちょっと画面の解像度が少ないくらいだが,これはネットブックというカテゴリなのでしかたがないこと。
デジタルカメラで撮影した写真のリサイズなんかは,普段使っているソフトウェアを起動するのが辛いので画像関係は別のコンピュータを使っている。

 次はハードウェア。
ハードウェアとはいっても評価できるのはキーボードとタッチパッドくらいか。
キーボードはフルサイズのミニチュアで浮き石型。日本語キーボードだが,小さいキーは比較的少なくとても打ちやすい。薄っぺらいキーボードユニットだがたわみもないし,打鍵した時のタッチもしっかりしている。
これでBTOで英語キーボードが選べるということはないのだが。キーボードを交換するためにパーツを探しているが,まだ入手できずにいる。

 タッチパッドは前に使っていたネットブックHP mini1000で慣れていたので違和感はそれほどなかった。キー入力中にタッチパッドに指が触れてカーソルが思わぬところへ飛んでいってしまうということもない。
しかし,トラックポイントのようにキーボード入力とは両立せず,パッド操作の時はキーボード入力はできない。

 これ1台で全てのことができる訳ではないが,毎日することは難なくやってのけるし,軽いので簡単に持ち運びできる。
この先長いつき合いになりそうな気がする。

本日の自転車記録
走行距離:0km

|

« 一気に秋へ | Main | 自転車で走るにはいい季節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/55727723

Listed below are links to weblogs that reference Lenovo IdeaPad S110を使ってみて:

« 一気に秋へ | Main | 自転車で走るにはいい季節 »