« October 2012 | Main | December 2012 »

2012.11.26

Lenovo ideapad S110にWindows8を導入

 今朝起きてみると天気予報通り雨降り。しかもかなりの雨量だ。ざぁっと降ったかと思えば雨脚が弱くなりまた強くなるといった繰り返し。

 金曜日にインストールして使用していたWindows8だが,最初のうちは使用途中に突然再起動する現象に悩まされたが,レジストリのDisplay1_DownScalingSupportedを0に戻すことでこの現象はかなり少なくなった。今になって,よくよく考えてみるとうまくアクティベートできていなかったのかもしれない。

 よくよく使っているとタッチパッドでスクロールができなくなっていることに気がついて,ドライヴァのインストール用ファイルがあるパーティションからインストールすることで問題なく使えるようになった。
Lenovo Energy Managementもインストールしてみたものの,すべての機能は使えないようだ。しかし,電源オプションの電源プランが追加されるので,インストールしても損はなさそうだ。

 これでWindows7で使っていた時とほぼ同じ使い勝手になったので,評価版とはおさらばするのだ。日曜日にリカバリの機能を使ってWindows7に戻してからアップグレードインストールをと思い,リカバリを試みたがうまく行かない。うーん,まずいなぁ。

 このまま評価版を使い続けても最大90日だし,製品版にするには早いほうがいい。
評価版からアップグレードアシスタントを実行しても,アップグレードできないと断られてしまった。
DSP版を買ってくるか。その前に,評価版を実行している状態から製品版へアップグレードインストールができるかを試してみよう。
ちょっと前に買ったアップグレードのメディアを使ってチェックしてみるとなんとかうまく行きそうな感じ。これで,プロダクトキーを買っても無駄にならないことがわかったのでWindows7が動いている計算機でアップグレード版をダウンロード購入することにした。

 IdeaPadに外付けDVDドライヴを繋いでアップグレード用のDVDでブートしてインストーラが起動したのを確認して購入手続き。
取り敢えず,プロダクトキーだけが必要なので,プロダクトキーが発行されたらそれを入力してインストールを開始。
クリーンインストールなので,インストールするパーティションをフォーマットしてインストールしたところ,30分ほどでインストールは完了した。

 ここから先は,金曜日と同じ手順が必要だが試行錯誤はしなくていいので時間はかからない。
ディスプレイのドライヴァはDドライヴにあるものを使ったが,どうやら問題はなさそう。
Windows Updateに時間がかかるだけだ。と思っていたら,更新プログラムのインストールに失敗しましただと。これはアップデートを再実行して解決。

一つ困ったことは,製品版Windows8のインストールを始める前に無線LANをOFFにしていたのだが,いざ無線LANをONにしようとしてFn+F5キーを押してもONにできないというか,操作のダイアログが表示されないのだ。
これは,Energy Managementをインストールして解決。

 整理すると,Lenovo ideapad S110にWindows8をインストールすると,電源ボタン上のスイッチを押して電源ONしてもリカバリされない。
Windows8をインストールした後はWindows7用としてDドライヴにあるディスプレイドライヴァとEnergy Managementとタッチパッドのドライヴァを導入すれば一応使えるようになる。

 今ではatokもインストールしてかなり快適にWindows8を使えている。ただし,私のS110は購入直後にメモリを2GBに増設しているが。
タスクマネージャで見るとWEBブラウザで8枚ほどタブを開いた状態では,使用メモリが1GBを越えているので標準のメモリ1GBではWindows8を快適に使うのは難しいだろう。

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.23

ネットブックでもWindows8

 雨の音で目ざめた朝。雲の帯は東西にはそれほど長くなかったようで,朝のうちに雨は上がった。しかし,日射がなかったので寒い一日だった。

 数日前から常用しているネットブックのlenvo ideapad S110のOSをWindows8にしようかどうか悩んでいた。導入してみようと思ったのは,起動時間の短さから。
今日は外へ出るには向いていない天気なので,評価用のRTM版をインストールしてみた。
Windows7へのリカバリーは問題なくできるという前提で,ユーザーファイルと設定などをバックアップしただけでWindows7のパーティションにWindows8をインストールした。

 外付けのDVDドライヴを繋いでインストールメディアを挿入し,Windows7からインストーラを起動してインストールを開始した。
さすがにデスクトップのように30分かからずにインストールが終わるということはなかったが60分ほどでインストールプロセスは終了した。しかし,その後のWindowsUpdateに90分ほどかかって,触れるようになったのは昼前だった。

 インストール直後は画面表示が800x600になってしまい実用にならない。検索して調べてみるとディスプレイドライヴァを導入しなおさないといけないらしい。
グラフィックチップの型番を調べ,intelのホームページからWindows7用32bitのドライヴァをダウンロードして導入すると1024x600の表示が復活した。
レジストリを書き換えて縦768dotが表示できるようにしてみたけれど,常用する気にはなれずレジストリは戻さず1024x768は緊急用に使うことにして104x600の表示に戻した。

 webブラウザを変更してCassic Shellを導入すると何とか使えるようになって,常用するテキストエディタをインストールするとあとはatokを導入すれば環境としてはできあがりだが,製品版ではないのでatokの導入はしないことにした。

 Windows7から退化したのは,バッテリーのユーティリティがなくなったことで残り駆動時間が表示されなくなったことくらいだ。
この状態でしばらく使い続けてみて問題がなければ,製品版を導入しよう。

本日の自転車記録
走行距離:0㎞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.11

Windows Ver 6.2.9 一般的にはWindows8

 日曜日は予報通り雨。室内で過ごすために金曜日のうちに準備をしておいた。

 先週の金曜日に買ってきたWindows8その日の晩にインストールして翌日に触っていたらコンピュータの挙動がおかしい。勝手にリブートするし,BIOSの設定では何もしないのに年がどんどん変わっていった。
このマザーボードは購入直後から挙動不審だったので,常用マシンから取り外して予備機として一応動く状態に組み上げていたのだがとうとうマザーボードが使えない状態まで症状が悪化した。

 買ってきたOSはインストールして動かしてみたいので,マザーボードを買うことにして金曜日の夜中に発注した。
新しく買ったマザーボードは昨日の午後に到着して,交換作業を行って試しにブートしてみたところチップセットが替わっているもののちゃんと起動した。

 しかし,マザーボードを最新化したのでUEFIブートを試すことにして,設定変更を行ってOSを再インストールした。
元々OSが入っていた領域だけを削除して領域の再確保を行おうとしたが確保できず,システム領域も削除すると無事次のステップへ進むことができた。
OSのインストールは一時間とかからずすぐに終わるのだ。

 インストールしたてのWindows8は中途半端なユーザインターフェースであんまり使おうという気にさせない。しかし,Pentium G630Tという非力なCPUでもきびきび動くのには驚いた。

 Windows8にスタートメニューを付与できるというClassic shellを導入したらデスクトップのスタートメニューができて,Windows7までと同じ使い勝手になってWindows8を使う気になった。
x-mouseを実現する方法を探したが,見つからなかったのでWindows7までと同じようにやってみたがうまく行かず,取り敢えずは得た情報から「コンピュータの簡単操作センター」の設定のひとつ「マウスを使いやすくする」で設定してしのいでいる。
チェックボックスにチェックを入れただけではフォーカスの移動が遅いので,レジストリの値を書き換えた。

 atokを導入しこれまで使っているユーザ辞書をコピーし,てようやくまともに日本語入力ができるようになった。

 しかし,Windows8のデスクトップは高解像度の画面を前提に設計されているようで,ウインドウのタイトルバーや境界線は太くて無駄に画素を食いつぶしている。しかも,ウインドウの体裁は変更不可能。これではネットブックや小さめのラップトップでは辛いのではないだろうか。

 デスクトップガジェットがないところもWindows7からの移行では戸惑うところ。日付や時刻を知りたい時にコンピュータのディスプレイではなく,時計を見るようになってしまった。

 起動停止は短時間だし,CPUの能力は低くてもそれほど問題はないから素性はいいのだろうがユーザインターフェースの刷新でかなり損をしている感じ。

エクスペリエンスインデックス

Ei

プロセッサ|Intel(R) Pentium(R) CPU G630T @ 2.30GHz
メモリ (RAM)|8.00 GB
グラフィックス|Intel(R) HD Graphics
ゲーム用グラフィックス|1760 MB の 利用可能な総グラフィックス メモリ


本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.05

Windows8を手に入れたけれど

 今朝は低気圧の接近でそれほど冷え込まなかった。
しかし,雨の降り出しは予報よりもだいぶ早く9時には雨が降っていた。

 一週間遅れでWindows8を入手して,土曜日の夜に遊んでいるミニタワー型計算機にインストールしてみた。
インストールは20分ほどで終わり,すぐに使えるようになった。

 しかし使っているうちに前触れもなくリブートしたりして動作がとても不安定になってきた。原因の調査は日曜日にすることにして土曜日は夜更かしせずに寝た。

 日曜日の午前中にケースを開けてマザーボードの電源コネクタを抜き差しし,バックアップバッテリーを新しいものに交換しも改善されない。
それどころか,BIOSの日付を設定しようとしてdateの表示をすると年の値が勝手に変わっている。それも,見ているうちにぐんぐん増えている。

 マザーボードが壊れていると判断して,Windows8の評価は先送り。
もともと,この計算機はビデオの出力が出なくなったりいろいろと不具合を抱えていたので辺りが悪かったと諦めよう。

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.04

クリームベースパスタに挑戦

 11月になって数日というのに,明け方の最低気温は5.9℃ととても低い。布団から出るのに一苦労だ。

 数日前に輸入食料品店でゴルゴンゾーラチーズを買うことができたので,今日のお昼は人生初のクリームベースパスタに挑戦することにした。
金曜日の帰りにスーパーマーケットで生クリームほかの材料を揃えておいた。

 初挑戦ながら,基本的なゴルゴンゾーラパスタではなく,ソースにはベーコンと舞茸を入れてみた。さらに,青梗菜も。
初めて作るので,どれくらいの時間でソースができあがるのかよくわからなかったので,ソースの出来上がりに目処が付いた時点でパスタを茹で始めた。
パスタはフェデリーニで茹で時間は5分なのでもたもたしていられない。

 チーズは思っていたよりも早く溶けて,青梗菜にもほどよく火が通ったところでパスタが茹で上がって,茹で湯をよく切ってソースの中に投入。
パスタにソースを絡めて出来上がり。

S_dsc_1291


 贅沢に乳製品を使ったのでこれまで作ったパスタの中で一番原価は高いはずだ。しかしその分濃厚で食べ応えじゅうぶんだった。

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »