« コスモス | Main | それはS1から始まった »

2014.10.26

魚眼レンズを使ってみる

 今週末もとってもいい天気。
最近疲れが取れずに出掛けようという気分がちょっと下がり気味で,土曜日も昼間は引きこもっていた。

 しかし,夕食後から活動を開始した。
PENとPEN-microの2台とレンズを数本を鞄に入れて三脚も積み込んで車で神戸港へ向かう。
土曜日の宵の口ということもあり,渋滞もなく無事ポートターミナルへ到着した。
駐車場に車を駐めて撮影開始。

 最初はポートターミナル西のデッキから神戸大橋を狙う。
レンズを換えたり反対側のハーバーランドを撮って,橋の下側へ移動。
橋脚の下辺りからポートアイランド側を見ると,車道の橋の東側にポートライナーの細い橋がかかっているのがよくわかった。

 ここで,数日前に手に入れた魚眼レンズを使って見る。
E-P1ではシャッターが開かなかったのでE-PM2にレンズを取り付け,雲台のボディを取り替える。
背面のモニターに映る世界は,これまでに見たことがない映像。
作例は何枚か見たことはあっても自分の目で見えている世界とレンズを通してみる世界とでこれほどの差があるとは体験してみないとわからない。
魚眼レンズでは数カット撮って三脚に据えるボディを変える。

ちょっと移動して数カット撮って,橋の上へ移動。
さらに橋を渡ってポートアイランド側の北公園へ。公園は広いものの,釣りをしている人が多く自由に場所を決められない。
それでも空いている場所に陣取り,神戸大橋とハーバーランドを撮影した。時間が遅くなってきたので再び神戸大橋を渡って駐車場へ戻った。

 ここで問題発生。
駐車料金を払う小銭が足りなさそう。駐車した時間は3時間ほどで,財布の中には三百数十円あるだけ。時間100円ならなんとかなるものの,今時そんな料金設定ではないはず。
どうしたものかと考えると,車の中にわずかながらも小銭が遭ったことを思いだし事なきを得た。

 ものは試しというか,使い途があるか判らない状態で導入した魚眼レンズだが,風景を撮るのには好適なようで遠景ならピント合わせも不要。難点は電気的な接点がないのでExifに絞りの値が残らないくらい。
今後も風景の撮影には持って出るレンズになりそうだ。

E-PM2 + SAMYANG F3.5/7.5mm (撮影後色温度を変更)
S_pa250031

本日の自転車記録
走行距離:0km

|

« コスモス | Main | それはS1から始まった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67980/60548056

Listed below are links to weblogs that reference 魚眼レンズを使ってみる:

« コスモス | Main | それはS1から始まった »