« 魚眼レンズを使ってみる | Main | 乗り替えに向けての課題 »

2015.03.01

それはS1から始まった

久々の更新だが,自転車ネタではない。

アウディS1から始まった車にまつわる物語。

 2014年の11月中旬にWeb CGでアウディにマニュアルトランスミッションモデルが導入されたのを知った。
忘年会の前にアウディのディーラーで実車を見て見積もりを出してもらったが,総額は¥500万オーバーでちょっと現実的じゃないと思った。

 その後もマニュアルトランスミッションの小型車への思いが捨てきれず,正月休みに情報収集をしていて気になったのがFIAT 500ベースのABARTH。
ABARTHのホームページを見てもどのモデルにどの装備が着いているのかがはっきりせず,ディーラーへ行って説明を聞こうと思ったのが1月の初め。

 1月10日に甲子園の隣にあるディーラーを訪ねた。
モデルの違いの説明を受け,2ペダル車だが試乗もした。
ハードだと思っていた乗り心地が実際はかなり良好で,その車重とホイールベースから予想していたのとは大違いで日常の足にしても問題はなさそうだ。
低級音の発生も皆無。

 街でもほとんど見かけないし,超小型のサイズはいろいろと便利そう。だんだんこいつに惹かれていった。
というか,試乗をした段階でほとんど気持ちは決まってしまった。

 ちょっと心配なのは自転車が載るかどうか。
セールスマンの話ではロードレーサーは載るということだったが,後日自分の自転車をGolfに積んで持っていき,リヤシートを倒せばぎりぎりで乗ることを確認。
これで,心配事はなくなった。

 このすぐ先の納車だと156と車検時期が重なるので,夏ごろの納車で話を先に進めた。
595コンペティツィオーネ 黒 LHD 5M/T という仕様に確定。
しかし,待っていると早く欲しくなる。

 ちょっと気になることがあって,2月末日にディーラーを訪ねた時にセールスマンが言った「昨日左の黒が入ってきたんです」という言葉を聞いて,反射的に「それ買います」と答えていた。

 登録は4月に入ってからというと,向こうは3月中に登録したい模様。妥協案として3月末日の登録となった。
細かい付属品を最終決定して請求書ほかをもらったので,あとは書類を送って支払いをするだけとなった。

|

« 魚眼レンズを使ってみる | Main | 乗り替えに向けての課題 »

Comments

瀬戸内さん

ご無沙汰しています。

今日こちらは結構寒い雨が降ってます。
そんなことで、出かける予定もなく、久しぶりにのぞきにきました。

なんと、アバルトご購入おめでとうございます。
あの大きさで、あのパワーですから速いですよね
パンダでも、以外と走りましたから(笑)
ボディーカラーも瀬戸内さんらしい黒とはさすがです!
お会い出来る機会があれば、ぜひ見せて下さい。

我が家のFは360から328となり、パンダはカイエンと
なり様変わりしました。汗!!
でも、そろそろ病気も収束する感じがしています。
歳ですから(笑)

ではでは

Posted by: シュウ | 2015.03.08 at 15:46

シュウさん こんにちは。
ほとんど更新しなくなたBlogっへの訪問とコメントありがとうございます。

ひょんなことからABARTHを買うことになりました。決め手になったのは,あのサイズです。
うまい具合に今年のモデルからLHDの5M/Tモデルがラインアップに加わったことも幸いしました。

ナンバーが付くまであと3週間です。

シュウさんのお宅ではFはちょっと小さくなってますが,Pandaは大幅にサイズアップしたのですね。

お目にかかれる機会ができることを願っています。

Posted by: 瀬戸内 | 2015.03.09 at 21:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 魚眼レンズを使ってみる | Main | 乗り替えに向けての課題 »