2015.05.09

ThinkPadに取って代わったnotebook

 ディスプレイへの出力が途切れ途切れになったネットブックの後継としてHPのPavilion dm1 4200を買ったのは2年少々前。
主な用途はウエブブラウズとradikoくらいでヘビーなことは全くしていない。

 OSを入れ替えたり,ストレージをSSDに換えて使い続けていて,まだもうしばらくは現役でいられそうだ。
プロセッサがAMD E-1 1200という非力なものなので,できることは限られてくるものの,最近はコンピュータを使っても時間がかかる処理などは写真関係を除けばほとんどなくなっているので普段使う分にはストレスを感じない。
もっとCPUパワーがあればと思うことはWindows Updateの処理とディスククリーンアップくらいか。

 購入時の価格は送料込みで\33,000ほど。
増設したメモリや換装したSSDを含めても\50,000には届いていないはずで,2年使ってほとんど元は取れていると思う。

 私にとっては2台目のHP製のノートブックコンピュータで,キーボードの出来は期待以上のもので,タッチパッドの使い勝手も良好だ。
キーボードは浮き石型でキーストロークは短いもののしっかりとしたクリック感があり,サイズが小さいキーはない。
ALTとCtrlキーは左右にあって我慢を強いられることがない。これで英語配列のキーボードが選択できれば言うことはないのだが,HPでは無理なので諦めている。

 Windowsが9を飛び越して10になっても使い続けていると思う。

| | Comments (0)

2014.10.04

Windows Technical Preview

 10月1日にWindows10のテクニカルプレビュー公開のニュースを見て余っているコンピュータにインストールしてみるかと思ったものの,日本語版がなかったので見送ることにした。

 たまたま10月2日が休みだったので情報を収集していたら英語版でも日本語の表示や入力は問題なくできることを発見し,これはインストールしてみようかと思い直してインストール用のファイルをダウンロードした。
64bit英語版のファイルサイズは3.8GBほど。ダウンロードには7時間近くかかった。

 インストール用のDVDメディアを作り,インストール用のコンピュータのディスクを作業用に繋ぎかえてインストール。
インストールのプロセスはWindows8と同じなので,英語でも戸惑うことはなくインストールできた。インストールに要した時間もWindows8と変わらず1時間もかからない。

 インストールが終わって起動したWindows Technical Previewは当然ながらメニューやらの表示は英語。しかしこれも表示される内容と順番がWindows8/8.1と同じなのでそれほど困らない。
常用しているアプリケーションを導入して今はいちばんに電源を入れるマシンになっている。

S_untitled2

 使ってみた感じは,Classic Shellを導入したWindows8.1と大して使い勝手は変わらず,Windows8.1で動くアプリケーションも私が使っているものはそのまま動くので劇的に変わったという印象はない。

本日の自転車記録
走行距離:0㎞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.09.09

Windowsタブレットの追加設定

 台風の影響はほとんど受けずに大陸生まれの乾いた高気圧に覆われて昨日からいい天気だ。明け方の最低気温は18℃台まで下がっている。

 Windowsタブレットを買ってNexus7の代わりに使いだして重宝しているのだが,外部キーボードを繋いでテキストを入力することもあるので入力環境を整えることにした。
まず最初はキーボードの刻印と入力されるキャラクタが違っていた(買ったキーボードが英語配列だったから)ので,レジストリを変更して101キーボードに変更。
そしてかな漢字変換ソフトのATOKを導入。
諸々の設定はクラウドからダウンロードされるので細かい設定は不要で使い慣れたキーの設定が手に入った。

 タブレットPCと一緒にに買ったキーボードは矢印キーが逆Tになっているのはいいのだが,ESCキーとファンクションキーがないのがちょっと困るところだ。
ATOKを導入してスクリーンキーボードがどうなるのか心配な面もあったが,ローマ字の設定も外付けキーボードと同じ配列になっており安心した。

本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:37.14km
走行時間:1時間28分
平均速度:25.2km/h

| | Comments (0)

2014.08.31

Windowsタブレット

ちょっと前からwindows8.1のタブレットがほしいと思い始めていた。
理由は大したことではなくて,androidだとファイルサーバのMP3が簡単には再生できないから。

 で,ちょっと前から品定めをしていたのだが,Windowsのライセンス料金がなくなったりIntelのプロセッサが新世代になったり新商品が出てきそうな気がしてちょっと様子見をしていた。
しかし,今のところ目立った動きもないので思い切って買ってみることにした。

 ハードウェアのスペックはほぼ横並びなので,値段が安いか高いかの差になってくる。
初期故障率が高いものもありそうだったので,値段が安く故障の書き込みが少ない(ユーザが少ないだけという可能性もあり)acer製を選んだ。
安い商品を短いサイクルで買い替えるという考え方だが,実際にそうするかはまだわからない。

 金曜日に大阪の配送センターを出発し,土曜日の朝には最寄りの拠点に着いていたので,午前中には配達されるだろうと待っていたのだが,結局配達されたのは昼前だった。
すぐに開封して昼食後回しでセットアップ。
やることは普通のWindows8.1のコンピュータと変わらない。最初にネットワークを切っておくとユーザのディレクトリ名が指定できるのでスタンドアロンでセットアップをして,あとからMSアカウントと関連付けする。
このタブレット以外にもWindows8.1のコンピュータが数台あるので設定が同期されて,壁紙やらタスクバーの位置が物理的なキーボードが接続されているものと同じ設定になってしまった。
タブレットではタスクバーは常時出しておきたいので,隠さない設定にしたらデスクトップ側も変わってしまう。
同期の設定がどこかにあるのだが,なかなか探し出せず検索して探し出してタブレットとは同期しない設定にした。

 Windows Updateを数回sすると8.1Updateになった。
一応アンチウィルスのソフトは入れて,ほとんどカスタマイズをすることなくつかえている。当然ながら当初の目的である家の中ならどこでも音楽をという目的は達成。

 タブレットだけでは心もとないとBluetoothのキーボードも買っておいたのだが,あんまり出番はなさそうだ。でもあるとないのでは大きな違いであることが分かった。

S_p8312156


現にこの文章はタブレットPCで入力したのだから。


本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:10kmくらい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.06.07

Haswell Refreshで組む

 日本列島が梅雨入りしたものの梅雨前線の雨ではなくて,ほとんど動かない低気圧が降らせる雨で局地的な大雨が降っている。
ここ姫路では昨日の朝まで雨が降っていたが,昼くらいから晴れか曇りで,今日はかなり蒸し暑かった。

 5月の上旬にIntelのデスクトップ向けCPUが一新されて,自宅で使っているデスクトップのコンピュータも中身を新しくしたいと思い始めて,ほどほどのマザーボードがリリースされるのを待っていた。
Z97チップセットでマイクロATXのマザーボードが発売になって,気持ちはかたまった。
この際だからシステムディスクもSSDにして高速化だ。

 先週は旅行に行っていたので,今週末に組めるようにパーツを注文し,金曜日の夜にケースを開けて1時間少々で組み替えは終了した。
今回初めてヘッドランプを使って作業をしたが,両手が空くので作業性は良好でケーブル類の接続の時に重宝した。

 一夜明けた土曜日の朝からOSのインストールを始めて,インストール作業自体は15分ほどで終了した。
プロダクトキーを入力してもライセンス認証ができなかったので電話で認証手続きをしたが,意外と簡単だった。
最初の電源投入直後にCPUのファンエラーが出て,中を確認するとCPUファンの電源コードがファンが回るのを妨げていたのでコードの取り回しを手直しして正常に起動するようになった。

 その後,Windows UpdateとUpdateのファイル消去,データの引っ越しをしたあとディスプレイの電源を切ってインデックスの構築中に昼寝をする。
昼寝の後使っているアプリケーションソフトを導入して,これまで通り使えるようになった。
もうちょっと時間がかかるかと思っていたが,予想よりも短い時間で環境が構築できた。
 今回買ったCPUはCore i3 4360でTDPは54Wだが,アイドル中の消費電力は30WくらいでCPUが仕事をすると60Wくらいまで上昇するものの,予想外に消費電力が低いことにびっくり。
 SSDを採用した上にプロセッサも性能が上がっているので,体感的な速度差はかなりのもので,投資に見合う性能向上だ。

これが
Mae

こうなった
Ato


本日の自転車記録
走行距離:0km

|

2014.02.02

当たった

 昨年の10月末に新しいカメラを買った。
めずらしく発売間もないモデルの購入だった。メーカーでこのカメラの購入者を対象に「発売記念キャンペーン」というのをやっていた。
カメラのアクセサリーであるネットワークアダプタとGoogle Nexus7のセットが総計1000名に当たるのだ。

 応募は専用の封筒を作って必要事項を記入した上にカメラボディの保証書のコピーと領収書のコピーを添付して送付するというちょっと面倒な作業が必要だった。
封筒を作るためのテープが手元になくしばらく放置していたのだが,12月末の第2回応募締め切りに間に合わせるために年末の休みにテープを買って,年賀状と一緒に投函した。

 第2回の商品発送は1月下旬になっていたので,20日過ぎからちょっとそわそわしていた。
しかし,月末に近づくにつれて頭の中から忘れかけていたのだ。
31日に家に帰ってみると,玄関に注文した覚えのない荷物が届いていた。
箱を見てみるとカメラメーカーからだ。
あんまり期待していなかったので,喜びは大きかった。

 食事の後開封して先ずは充電して,翌日の朝一番からセットアップに着手し午前中に終わらせた。
携帯電話に比べて画面が大きい分,文字も大きめなのが一番いいところで,家の中で使う分には重宝している。

本日の自転車記録(1200FB)
走行距離:18.77km
走行時間:0時間47分
平均速度:23.7km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.01.07

さよならの前にもう一本

 今日はめずらしく天気予報の最低気温を実績が下回って,明け方は風も弱く車には霜がいっぱい付いていた。

 昨年の暮れにWindows Home Serve2011のライセンスをもう一本買っておくかという気分になった。販売が年内いっぱいという情報を得る前だったが,その後すぐに販売終了という事がわかったので12月30日に発注した。

 それから遅れること数日。ハードウェアの方も,安くなっているhpのマイクロサーバを発注。勢いでメモリ4GBx2も買っておいた。
HDDは2年前にタイの洪水で高騰した頃に買って使っていないディスクがあったのでそれを使うことに決めた。

 メモリの値段がやや上がっていたものの,買い物の合計金額は36,000円程度。
自分でパーツを集めて組むよりも確実に安くなった。
OSのインストールなどはまた後日。

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.10.20

Windows8.1化

 この週末は曇り時々雨の予報。
土曜日の日中は雨が上がっている時間は多かったものの,いつ雨が降り出すか判らない不安定な天気。

 そんな天気なので,17日に公開されたWindows8.1へのアップグレードを適用することにした。
手持ちのコンピュータは5台。最初にあまり使っていないThinkPadから適用してみることにした。金曜日の寝る前にファイルのダウンロードを始めて,土曜日の未明に確認するとダウンロードは終わっていたのでインストールに進めた。
半分寝ながら作業をしたのでどのプロセスだったか憶えていないが,キーボードの種類の入力を求められ選択してみたものの同じところをループし全く前へ進まない。
「修復」でWindows8を選んでブート順位を一番にしてみたところ起動しなくなってしまった。

 これで2台目以降にアップグレードを適用することに消極的になってしまった。
手持ちのコンピュータ5台のうち4台が英語キーボードで,アップグレードに失敗したThinkPadも英語キーボード。
日本語キーボードのマシンだと問題はないだろうとHPのnotePCで試してみた。
これは時間はかかったものの問題なく終了。

 続いて自作のデスクトップPCでアップグレードしてみる。
起動しなくなった時の備えとしてデータファイルはサーバへバックアップして,プロダクトIDを控えて作業に着手した。
対策をすると失敗しないもので,時間はかかるものの無事終了。心配されたキーボードの種類を入力を求められることもなかった。
ディスクのクリーンアップやデフラグまでやると6時間近くかかる。
4台目のマシンのマシンのダウンロードを開始して就寝。

 4台目と5台目はデータ用のディスクをOSと分けてあるので失敗した時にデータを失うリスクはないが,インストールプロセスが完走する保証はない。
残る2台も問題なく8.1になった。

System


5台にアップグレードを適用して失敗したのは1台だけ。失敗するのはかなり珍しいことのように思えてきたが,まれにうまく行かないこともあるようなのでアップグレード前にはデータのバックアップは必須です。

 アップグレードに失敗したThinkPadはOSをWindows8にした後SSDに換装したので,元になるHDDは残っているので再起不能ということはないのだが復旧するにはなにぶん手間がかかりそう。

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.13

デスクトップPCのケースだけ更新

 前々から気になっていたデスクトップPCの異音発生原因を調べるためにケースを開けたのは4日の日曜日。
しかし原因究明に至る前に前面のケースファンにアクセスできないとか,ケースが小さいことによるメンテナンス性の悪さに嫌気がさした。

 もう一回り大きいケースは手持ちがあるので中身のパーツを移植することに決めた。
ケースファンが異音の原因ならケースを変えることでなくなるはずだし。
パーツを取り外して大きいケースへ移植を終えたのが6日の火曜日。
しかし,何回かPOWER SWを押しても起動しないので調べてみるとケースのPOWER SW直近でリード線が断線していた。
スイッチ側は樹脂でモールドしてあるので復旧するのは不可能。もう一つケースは余っているものの世代が違いすぎて使う気にはならない。

 で,結局新しいケースを買った。6日の夕方に発注して余日に届いた。
二日がかりでパーツを組み付けてようやく使えるようになった。

S_p8080889

 大きいケースはケースの中は広々しているがその分設置スペースも必要になる。
高さ方向は少々延びても問題ないが,横幅が広がった分は辛うじて元の場所に置けるというきわどさだった。

本日の自転車記録
走行距離:0km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.20

0.1の増加

 Windows8の不評(?)を受けて,もうすぐWindows8.1が公開されるらしい。しかも無償でアップグレードできるというウワサだ。
このWindows8.1というネーミングは20年前に発売されてかなり一般的になったWindows3.1にあやかっているようにも思える。

 本棚にある20年前のコンピュータ雑誌を開いてみると...
へぇえ20年前はこんなんだったかと改めて驚くような内容だった。
当時Windows3.1が必要とするシステムリソースは今のスマートフォン以下。画面の解像度もスマートフォン以下。
Byteの前に付く計量補助単位もM(メガ)ばかりで,広告を見てみるとパーツの値段は一桁違う。

 それでも,当時はそんなハードウェアにOfficeをインストールして仕事に使っていたのだ。今でも仕事でやってる内容は大きく違わないが,一度に処理するデータ量や必要とする時間は大きく変わっている。
プライヴェートでは大量の写真データファイルを扱うようになったのが大きな違いか。

 一般社会の評判とは違い自分の中ではWindows8はWindows7の正常進化版という評価で,AndoroidoをまねてGUIを大きく換えてしまったことが失敗の原因と思っている。
8.1で中途半端なスタートボタンを付けるなどせず,インストール時に「デスクトップインストール」と「タブレットインストール」をユーザに選ばせて,デスクトップインストールした時の見た目をWindows7と大きく変えないようにしていたら,インパクトは少ないものの,もうちょっと普及していたのではないかと思うのだが。

 昼前にはWindows8.1の評価版が使えるようになっているだろう。

|

より以前の記事一覧